入院について

こちらでは、当院へ入院される方に、入院手続きをはじめ、入院中の生活、入院の費用およびその他知っていただきたい必要事項を掲載しております。患者さんはもちろんのこと、ご家族の方もぜひ目を通してくださるようお願い致します。


入院までの流れ

入院までの流れ 外来での診察・担当医師からの指示
  • 入院を希望される方は、各科の外来診察を受けて担当の医師とご相談ください。
  • 入院の必要性や治療計画などを医師がわかりやすく説明させていただきます。

入院日が決まったら?
  • 入院が決まりますと、医師・看護師が入院について説明を行いますので入院受付で入院手続きをしてください。
  • 指定の日に入院できるようあらかじめ準備しておいてください。

入院日当日は?
  • 入院日当日は総合受付3番の入院受付までお越しいただき、入院手続きをしてください。
  • 受付にて入院申込書を提出してください。
    ※予約入院の方は、直接入院受付におこしください。
  • 入院手続き終了後、病棟看護師が迎えに参ります。


入院手続きで必要なもの

受診登録カード
  • 印 鑑
  • 受診登録カード(診察券)
  • 健康保険証、その他の医療証
    (福祉医療・障害者医療・限度額適用認定証・特定疾患など)

※提示がない場合は、全額自費料金になりますので、あらかじめご了承ください。
当月、外来にて確認済みの場合でも、あらためて入院時に確認させていただきます。
なお、入院中に住居の移転や保険証の種類などに変更が生じたときは、速やかに入院受付までご連絡ください。
交通事故による入院や仕事中のケガによる入院の場合は、健康保険証で治療が受けられない場合がありますので、お早目にお申し出ください。

入院の申込書について

入院申込書を身元引受人・連帯保証人の連署の上、入院当日入院受付に提出してください。


[身元引受人について]

身元引受人は、同一世帯・別世帯は問いません。

(同一世帯の配偶者・父母など、別世帯の父母・子供・兄弟、親戚など)


[連帯保証人について]

連帯保証人は、患者さん・身元引受人と別世帯の方に限ります。

(親戚・知人・友人・別世帯の父母・子供・兄弟など)


薬について

当院では、安全に治療を行うため、入院時にお薬を確認させていただいています。それにあたり、以下のものをご持参いただくようお願いします。
1.お薬手帳(お持ちでない場合は、お薬の説明書)
2.現在飲んでいる、あるいは使用しているお薬(当院または他の病院・医院のすべて)


個人情報保護法について

当院では、取得した患者さんの貴重な個人情報を含む記録を、医療機関としてだけでなく教育研究機関として所定の目的に利用させていただきます。

院内規定を遵守し、万全の体制で取り組んでおります。

利用目的等、詳細については院内掲示物を参照願います。


安全管理について

リストバンド
  • リストバンド

当院では入院中、誤認防止の方策の一つとしてリストバンドを導入しています。(写真右)

  • 転倒予防

院内の清掃には細心の注意を払っておりますが、なかには滑りやすくなっている場所もございます。転倒の防止のために、滑りにくい運動靴、バレエシューズやゴム底の靴などの履物をお勧めします。

  • 感染防止

病室入口に手指消毒剤を設置しております。感染防止のためにご使用ください。


ページTOPへ