内科

入院・外来等の案内

当院の方針

専門医による認知症医療、認知症の早期診断、初期段階での早期治療による認知症の進行防止の取り組みを行っています。また、高血圧症、脂質異常症、糖尿病など生活習慣病のコントロールを行い、脳卒中や狭心症、心筋梗塞の予防の取り組みを行っています。

入院対象

  • 高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病や軽度から中等度の肺炎等の入院治療
  • 専門医による認知症の治療導入のための短期入院

入院相談

認知症医療については、もの忘れ外来の受診をお願い致します。完全予約制となりますので、事前にお電話にてご予約をお願い致します。

診察日時 月曜日(隔週) 15:00~16:30
水曜日(毎週) 14:00~16:00
電話 059-252-1555

現在の主治医からの診療情報提供書、患者さまご本人の健康保険証、病状のわかるレントゲン写真などをお持ちの上、総合受付窓口にお越しください。入院相談では、病気の経過、日常生活の状況、身体的・精神的な苦痛、社会的な問題、患者さまご家族のご要望などを担当医師・担当看護師が伺います。必要に応じて、医療ソーシャルワーカーとの面談もできます。緊急入院以外の入院日は予約制となります。
来院方法や入院手続きなど事務的なご相談は、事務部入院担当が対応致します。

外来担当

教授 准教授 助授 教授    
脇田英明 中野達徳 高橋 雄 脇田英明 交代制※1 交代制※2

※1 金曜日は第1、3、5週:中野准教授、第2、4週:高橋医師が交代で診察します。
※2 土曜日は、脇田教授・中野准教授・高橋医師が交代で診察します。
※  各日共代診となる場合もございます。

病棟

入院日は入院していただくお部屋の目途がたち次第、医事課入院担当よりご連絡いたします。
一般病棟(特別病室・個室・3人床・4人床)に入院をしていただきます。症状が落ち着かれている患者さまは療養病棟への転入をいただく場合もございます。

セカンドオピニオン

認知症、神経疾患のセカンドオピニオンを予約制にて毎週火曜日に行っています。

胃カメラ

毎週月曜日に日本消化器病学会指導医の准教授中野による胃カメラを行っています.苦痛の少ない細い内視鏡による鼻からの胃カメラも行っています.予約には問診が必要ですので,一度受診をお願いしています.一度受診をしていただいて予約をし,改めて検査日に御来院いただくことになりますが,御理解のほどお願い申し上げます.胃カメラの結果次第で,胃がんの発生と関連の深いピロリ菌の検査や除菌を行います。