看護部

認定看護師のご案内

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 加藤 圭二

認定看護師を目指したきっかけ

私は看護学生の実習で、車椅子で生活されていた方が杖で歩かれる姿を見て、脳神経外科を希望しました。入職してから院外の研修や学会に参加させて頂いて、より脳神経看護に興味を持つようになりました。就職して3年目に先輩が認定看護師の資格を取られ、働いている姿を見て自分も認定看護師になりたいと強く思うようになりました。

実際の活動

回復期リハビリテーション病棟には、脳卒中患者様が多く入院されています。脳卒中は再発を起こす病気ですので、再発を予防するため、画像や症状からリスク管理を行っています。脳卒中は生活習慣の管理が重要であり退院後は、患者様やご家族様で生活習慣を管理しなければなりません。そのため、退院前に再発予防の生活指導を実践しています。
また、三重県内の同じ脳卒中リハビリテーション看護認定看護師と協力して、急性期から回復期・維持期へと一貫した看護が行えるように連携しています。

今後の抱負

今後は急性期の病院や地域医療と連携して、急性期→回復期→維持期と一貫した看護が患者さまに提供できるようにしていきたいです。また、研修や学会などで得た知識・技術を自分だけではなく、スタッフに指導し病院全体の看護の質を上げていきたいと思います。

回復期リハビリテーション看護師認定コース修了者 源口 禎子

目指したきっかけ

私は急性期の病院を退職後、ほとんど回復期リハビリテーションの知識のないまま七栗記念病院に就職をしました。病棟に医師、セラピトが常駐し、それぞれの職種が専門的に患者様と関わり、歩行やADL動作の獲得に成果を上げている姿を見て、チーム医療の大切さを実感しました。しかし、その一方で回復期リハビリテーション期の看護の果たす役割が見いだせずに戸惑っていました。患者様に一番近い場所でリハビリを支えていたはずなのに、障害を乗り越え退院して行かれる患者様に、自分が看護としてここを関わったから良くなってもらえたという実感が持てずにいました。そんな時、同じ病棟で働く回復期リハビリテーション認定看護師の方に講義を受ける機会がありました。看護師がリハビリの進行状況を把握し、患者様がリハビリで習得された内容を生活に取り入れ、関わることで病棟生活全体がリハビリとなり、日常生活の関わりで看護師が得た情報をチームで共有するから、多職種がより専門性を発揮することができるという事を教えて頂きました。回復期リハビリテーションにおける看護の役割の重要性を知り、もっと回復期リハビリテーション看護について学んでみたいと思い目指しました。

実際の活動

実際にスタッフとともに患者様と関わる中で、研修で学んだことを伝えています。
看護専門学校での講義や院内における回復期リハビリテーション看護の研修会を行なっています。

今後の抱負

回復期リハビリテーション看護の楽しさを伝えていくとともに、患者様の思いを大切にしたリハビリが提供できる多職種チームづくりをして行きたいです

緩和ケア認定看護師 近藤千恵

緩和ケア認定看護師を目指したきっかけ

私は外科病棟に勤務したときに、多くのがん患者様と関わる機会がありました。勤務している中で、私はがんの痛みで苦しむ患者様や「これからどうなってしまうんだろう」と不安を抱えている患者様・ご家族にもたくさん接してきました。しかし、私は苦痛を抱えた患者様・家族にどう対応して良いのか分からないがために、患者様と向き合うことさえ避けてしまっていました。このまま患者様と向き合うことを避けていてもいいのだろうかと悩むことも多くありました。そんな時に緩和ケア委員会や緩和ケアチームのカンファレンスに参加させて頂き、少しずつ緩和ケアについて学ぶ機会を得ることができました。参加する中で、もっと緩和ケアに関する専門的な知識や技術を身につけてみたいと思えるようになりました。また、幸運にも看護部よりがんに関連する認定看護師を目指してみないかとお話を受けことやさらに、多くの勉強会への参加もさせて頂くなどの支援もあり緩和ケア認定看護師を目指すことができました。

実際の活動

緩和ケア病棟でスタッフとして勤務し日常生活への支援や患者・家族の思いを傾聴しています。アロママッサージをして、患者様に癒しの時間を提供しています。スタッフと共に仕事をする中で、質問や疑問について、一緒に考えたり指導をするようにしています。また週1回、朝のカンファレンスの時間にスタッフに向けて勉強会を実施しています。

病棟以外では、外来に来られた患者様・ご家族の入院相談を行っています。患者様・ご家族の不安な思いを確認し必要な情報を提供すること、また患者様・ご家族から得られた情報を医師や病棟スタッフに伝えスムーズな介入ができるように心がけています。

今後の抱負

私は、常に患者様・家族に寄り添った看護の実践を続けていくこと。そして、患者様が最期までその人らしく生きていけるように、スタッフと共に考え援助していきたいと思っています。

感染管理認定看護師  西山貴子

感染管理認定看護師を目指したきっかけ

平成14年から院内感染委員の一員として院内感染対策に携わってきました。当時は感染のことは何も解りませんでしたが、看護協会の研修に参加し少しずつですが感染管理に対して興味をもつようになりました。

また、研修や、学会に参加する度に「もっと知りたい!勉強したい」という気持ちが湧いてきました。そんな時、当時の看護部長に認定看護師の話を頂き、認定看護師を目指そうと思いました。

実際の活動

主に、院内の感染管理活動をしています。全職員に対して感染予防に関する教育、コンサルテーション(相談)、マニュアルの見直しおよび改訂、サーベイランス(感染発生状況の調査)、感染対策チーム(ICT)と連携をとり院内ラウンドの実施などを行っています。また、感染症発症時は、現場の確認を行い現場に合わせた感染対策を実施し感染拡大防止に努めています。

今後の抱負

感染管理は、「漠然としていてよくわからない」「めんどくさい」「お金がかかる」という印象が強いですが、実は、感染管理の基本である「手指衛生」が病院に関わる全ての人が正確に実施すればほとんどの感染が防げると思います。現場の確認を行い、感染管理の基本となる標準予防策を基に現場にあった感染管理が実践出来るように努めたいと思います。また、看護協会の活動を基に地域における感染管理活動も積極的に行っていきたいと思います。

がん性疼痛看護認定看護師 橋本勝利

私は看護師になってから外科病棟に勤務していました。
3~4年経つ中で、看護師としての仕事に自信が持てるようになる一方、治療継続が困難となり治療方法が少くなっていく状況で苦痛を感じている患者さま・ご家族を目の前に何も出来ず、どう対応していいのか分からず悩むことが多くなりました。

そのような時期に「がん専門分野研修会」への参加の機会をいただき、同じようにがん患者のケアに悩む他施設の看護師と40日間の研修を受けました。その後、さらに自分の強みとなるもの(専門性)を見つけたいと思い始め認定看護師を目指しました。

認定看護師の資格取得後は、病棟勤務をしながら、院内のがん看護の底上げを目標に、勉強会の企画・運営を行なってきました。その後、緩和ケアチームの専従看護師となり、週2回の病棟回診と回診日以外の病棟ラウンド、病棟スタッフからのコンサルテーションなど院内横断的に活動し、治療期から終末期まで幅広い時期の患者さま・ご家族のケアを行なってきました。現在は、緩和ケア病棟で患者さま・ご家族がよりよい生活を送れるように日々多職種でカンファレンスを行ないながら、その中で患者さまやご家族が抱える苦痛をどのようにすれば和らげられるかを考え、ケアにつなげていくことを行なっています。

がん患者さまやご家族が抱える苦痛は奥が深いですが、けっして諦めることなく私たちが出来ることを考え続けていきたいと思います。

回復期リハビリテーション看護師認定コース修了者 塩地由美香

認定をめざしたきっかけ

七栗記念病院に就職し回復期リハビリテーション病棟に配属され、初めて回復期リハビリテーション看護に携わりました。今まで急性期看護しかやってこなかった私には、リハビリテーション看護は一体何なのか?他職種がたくさんいる中で、看護師としての役割は何なのか?私はここで何をしているのだろう?と、日々戸惑い悩んでいました。ある時、所属看護長より「回復期リハビリテーション認定看護師をめざしてみてはどうか?」というお話を頂きました。正直、こんな気持ちで戸惑っている私ではなく、若い未来あるスタッフにチャンスをあげて下さいとお返事をさせて頂きましたが、「今、自分が戸惑い悩んでいることを知るためにも、学習してはどうか?そして、他のスタッフも同様に悩んでいるかもしれない。あなたが学習したことを、伝え教えてあげてほしい。」と言って頂いたため、学習の機会を頂き、認定看護師をめざすことにしました。

実際の活動

回復期リハビリテーション病棟に所属し、実践モデルとしての活動が中心です。院内や病棟における回復期リハビリテーション看護の研修会、看護大学や看護専門学校への講義、雑誌依頼原稿投書などの活動も行っています。

今後の抱負

自分たちの看護に自信を持ち、回復期リハビリテーション看護をやりたいという仲間をどんどんふやしていくことが私の今後の抱負です。

回復期リハビリテーション看護師認定コース修了者 青栁美雪

認定を目指したきっかけ

チーム医療の中における看護師の役割を広義にわたって知り、看護の視野を広げることで、リハビリ看護を楽しむことと、看護の気づきや知恵を出す力がほしいと思ったからです。

実際の活動

研修で得たことを臨床でカスタマイズし、知識や考えを伝えるようにしています。そして、スタッフ全員で最善のリハビリ看護が提供できるよう取り組んでいます。リハビリ病棟は、チーム医療をしています。障害をもった新しい自分と向き合う患者さま・家族さまの支えになる、他職種協働のチームアプローチが求められています。そのために、実践している看護を他職種に発信し、他職種と意見交換しながら、チーム全員で、患者さま・家族さまへよりよいリハビリ提供ができるようはたらきかけています。
また、スタッフや新人・学生対象に、リハビリ看護の特徴や楽しさ、チーム医療について講義をしています。

今後の抱負

リハビリ看護の楽しさを伝え続けていくことと新しいことや世の中の変化に対して、進化できる看護師でありたいです。

NST専門療法士 嶋田 信子

当院はNST(栄養サポートチーム)稼動施設であり、私もチームの一員として活動をしていました。活動を続けるうち、NSTの必要性を認識するとともに、知識不足の自分では、患者さまの役に立てていないことに不甲斐なさを感じ、患者さまの役に立つ仕事ができるようにと、NST専門療法士の資格をとりました。

栄養は生命活動を営むうえで必要不可欠であり、栄養障害が発生すると生体のあらゆる生理機能は正常に維持されなくなります。特にがんの終末期の患者さまや高齢の患者さまにとって、栄養管理は重要な治療の一環を担います。

NST専門療法士の役割として、栄養状態改善が必要なすべての患者さまに対し、良質な栄養が常に適切に提供されるようアセスメント(栄養評価)を行い、スタッフへの指導を行っています。また、当院はNST専門療法士の教育施設でもあるため、院外から来られる研修生の方への講義も行っています。

今後の目標としては、NST専門療法士として知識を深めるとともに啓発活動を行い、活動に参加してくれる仲間を増やしていきたいと考えています。