看護部

教育体制

FUJITA ラダー

FUJITAラダ―とは
職員の成長段階に応じて求める能力を共通基準として定めた、評価・育成システムのこと。
FUJITAラダ―にもとづいた、階層別教育プログラムを実施しています。

新人研修

  目標 OnJT OffJT
4月 日勤業務の流れがわかる ①オリエンテーション
②看護技術
VSチェック・導尿・膀胱留置かテーテル管理・排泄援助
清潔援助・輸液管理・食事介助・移乗介助・歩行介助等
看護技術集合研修・静脈注射研修・プリセプティー交流会
多重課題趣シミュレーション研修 など
5月 日勤業務を支援を受けながらできる 看護技術チェック
①自己学習
脳卒中・糖尿病・救急カート・内服・インシュリンについて
②看護技術
血糖測定・インシュリン製剤・抗生物質の取り扱い・夜勤勤務の為の看護技術取得
③チームメンバーとしての業務基準・看護記録
6月 日中勤の業務の流れがわかる 日中勤研修3回
7月 夜勤の業務の流れがわかる 夜勤研修3回
8月 アナムネ聴取の流れがわかる 段階を踏んで、一人でのアナムネを最低2回は指導のもと実施
9月 助言を受けながらアナムネ聴取が一人でできる 看護技術チェック
看護技術チェックの中間評価
10月 受け持ち患者の入院から退院までの流れがわかる ①プリセプターの受け持ち患者を1名サブで受け持つ
②日々の記録で目標に沿った看護展開を行う
11月
12月 受け持ち患者を一人で担当できる 看護技術チェック
①受け持ち患者の病態にあった看護展開
②他職種との連携(医師・薬剤師・セラピスト・MSWなど)
③サマリーを記載
④退院時指導
⑤看護技術チェックの評価
1月
2月 チーム内でメンバーシップがとれる ①受け持ち患者の看護事例検討
3月 一年間の反省と、来年度の課題を見出すことができる 看護技術チェック
看護技術の最終確認

看護師教育計画

対象別教育

  • 新人研修
  • プリセプター研修
  • 静脈注射研修
  • リーダーシップ研修
  • 看護管理者研修
  • 看護研究発表会

専門教育研修

  • リハビリテーション看護
  • 緩和ケア
  • 栄養管理(NST)
  • 認知高齢者看護

研修ピックアップ!

多重課題シミュレーション研修
夜勤や緊急時などの人員が限られる状況下で優先順位を選択し、基本的な看護技術が実践出来ることを目標としています。

実際の夜勤の状況を設定し、約5分間のシミュレーション体験をビデオ撮影し、指導者と共にふりかえります。