理念・基本方針

リハビリテーション部門基本方針

1.科学性と専門性の高い独創的なリハビリテーションを追求します。

三重県下でリハビリテーション医学講座を持つ唯一の大学病院として、最新のリハビリテーション医療の実践と研究・開発を行います。スタッフの教育に努め、質の高いリハビリテーションを実践する人材を育成します。

2.地域生活も見据えた回復期リハビリテーションを行います。

チームで質の高い訓練と最大限の訓練量を提供し、機能障害ならびに活動制約(能力低下)の最大限の改善と、活動・参加の可能性の拡大を目指し、「最短で最高の到達度」を目標にします。地域連携を重視し、退院後に患者様がその人らしい生活を送るための訓練、情報提供に努め、可能な限り速やかな社会復帰を目指します。

3.私たちが得た知識・技術は地域や近隣関係機関に広く公開し、啓発活動に努めます。

年6回の七栗リハビリテーションセミナーやホームページなどを通じて情報の発信に努めます。また、研修依頼や見学依頼を広く引き受けます。