採用情報

医師募集・研修医ローテーションのお誘い

藤田保健衛生大学七栗記念病院は特徴ある医療を展開しています。研修医のローテーションを受け入れると共に、我々の医療技術を学びまたさらなる発展を共に目指す医師 (三年目からの後期研修およびスタッフとしての医師)を募集します。

三重に居つつ、藤田保健衛生大学の教員になりませんか。専門医と学位の両者を得ることが可能な「大学」のポジションと、臨床を心おきなくできる自由さを兼ね備えた七栗記念病院です。希望者は各科の責任者に連絡ください。

研修医

藤田保健衛生大学七栗記念病院では、当院の独自性(リハビリテーション、緩和医療、栄養サポートチーム、高齢者医療)を活かした研修プログラムを組んでいます。研修医として七栗の研修を活用したい場合には、当院を協力型病院としている基幹型臨床研修施設の研修プログラムに応募してください。

当院を協力型病院としてローテーションできる病院には、藤田保健衛生大学病院、藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院、Mie Medical Complex (MMC)に属する三重県の基幹型臨床研修病院があります。七栗の三科(緩和ケア、内科、リハビリテーション科)を選択科として選んで戴けます。

当院も三重県研修病院合同説明会に参加しています。

緩和ケア・外科 (外科・緩和医療学

本教室では、1.緩和医療、2.栄養サポート、3.外科の3領域で診療、研究、教育を実践しています。
それぞれの分野あるいは複合的な立場で一緒に活動を行っていただける医師を募集しています。
外科系あるいは内科系などの制限はありませんのでご気楽に下記責任者宛にご一報いただければ幸いです(実際に外科医、消化器内科医、泌尿器医を専門として緩和医療や代謝・栄養学を専攻しているスタッフがいます)。

  • 募集人数:2~3名
  • 責任者:東口髙志(教授)

また現在、がんプロフェッショナル養成プラン特任助教(がんプロ特任助教)を1名枠で募集しています。
卒後5年以上の経験ある医師を求めています。緩和医療を専らとしますが、栄養サポートや外科の知識・技術の修得も可能です。
現在の専門性は問いません(外科系あるいは内科系などの制限はありません)ので、よろしくお願いします。

  • 募集人数:1名
  • 責任者:東口髙志(教授)

リハビリテーション科 (リハビリテーション医学II講座

脳卒中を中心に、頭部外傷、脊髄損傷、骨折後などの回復期リハビリテーションを主治医として担当します。リハビリテーション科の入院患者は120-140名にもなります。

リハビリ処方から筋電図などの検査まで、リハビリテーション科専門医5名がサポートします。リハビリテーション研修施設であり、専門医取得のための経験年数としてカウントできます。今後の新専門医制度への対応準備も出来ています。

訓練室一体型病棟での 週7日訓練は他に追随を許しません。療法士約80名の豊富なリソースを誇ります。
緩和ケア病棟でのリハラウンドなども行っています。

同一校地内の七栗研究所での基礎研究も同時に行うことが出来ます。

  • 募集人数:1~2名
  • 責任者:園田 茂 (教授・病院長)

内科

当院内科では後期研修医、内科医(医学部教員)を積極的に募集しています。
当施設の内科は以下の三つの特色をもった医療・教育・研究を行っております。

  1. 地域連携を基盤とした総合的認知症医療
  2. 地域高齢者医療
  3. リハビリテーション科、外科・緩和医療科患者の内科的合併病態の支援医療

NST、リハビリテーション医療の研修も同時に可能です。
当院デイケアセンター、在宅介護支援センターを利用した医療から介護・福祉へのシームレスな高齢者医療が学べます。
当院構内の七栗記念研究所において動物モデル、生化学、分子生物学、病理学の研究が可能です。
日本内科学会、日本神経学会、日本認知症学会、日本脳卒中学会の認定医、専門医の受験資格が可能です。

  • 募集人数:1~2名(職位は経歴、業績により助教、講師、准教授のいずれか)
  • 責任者:脇田英明(教授)

応募頂いた方の、診療歴、教育歴、業績により、准教授・講師・助教・助手いずれかの採用を検討します。
藤田保健衛生大学教員としての採用になります。詳細は各科担当者(東口、園田、脇田)にお尋ねください。
後期研修(医師3年目)の場合 にも、助手(定員外)などの公式なポストをご用意します。

お問い合わせは・・・

お電話:(059)252-1555
病院電子メール:hp-hp4@hp.fujita-hu.ac.jp