グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 入学案内  > イベント情報  > オープンキャンパス2018  > リハビリテーション学科

リハビリテーション学科


模擬講義

プログラム内容場所

リハビリテーション学科紹介
本学のリハビリテーション学科が他大学と「違うところ」や「よいところ」は何なのでしょうか?そうした本学科の特色を紹介します。医療科学部7号館
3階306教室

脳卒中によって起こる
障がいを体験してみよう
脳の機能が障がいされた場合に直面する日常生活の不自由さを、患者さんの身になって体験し、それに対して療法士が行うことを学びます。医療科学部7号館
4階404教室

模擬演習

プログラム内容場所

最新の
リハビリテーションを学ぼう
本学が開発した最新のリハビリテーションロボットを見てみましょう。世界でもトップ水準の運動解析技術の結晶です。リハビリ医療を変えていくその力を実感してみませんか?医療科学部7号館
1階112教室

関節の動く角度を測ろう
身体の動きの状態を知るためには、関節の動く範囲を知る必要があります。病院などで実際に使っている道具を用いて、肩やひじの関節の角度を測ってみましょう。医療科学部7号館
2階203教室

動作の手助けをする
道具や機械を使ってみよう
リハビリテーションでは、失った機能を補ったり、楽に動作ができるように助けたりしてくれる道具を使うことがあります。その道具を実際に見て触れて使ってみましょう。医療科学部7号館
2階203教室

筋力を測ってみよう
理学療法士・作業療法士は、どの筋の力がどの程度低下や回復しているかを測定により判断し、トレーニングを考えます。専用の機器を使って、手足の筋力を測ってみましょう。医療科学部7号館
2階203教室

脳の障がいを調べる
方法を知ろう
作業療法士は、脳に障がいのある患者さんの認知機能を検査して評価し、訓練を行います。さまざまな検査器具の一部をご紹介しながら、認知機能の検査を体験をしてみましょう。医療科学部7号館
2階204教室

身体のふらつきを
測ってみよう
人が安全に立ったり歩いたりするためには、バランスをとることが必要です。重心動揺計という装置を使って、立っている時のふらつきを測ってみましょう。医療科学部7号館
2階204教室

無意識に反応して動くのは
なぜかを知ろう
ヒトのからだでおこる無意識の反応を体験し、こうした反応がからだを守ったり、からだのはたらきを調節したりする意味や反応のしくみについて学びましょう。医療科学部7号館
2階204教室

体験!!
手に装具を着けてみたら…
手に力が入らない人の動作を助けるために、一人一人の手に合わせたプラスチック製の固定具(装具)を用いることがあります。実際に装具をつくったり手に着けてみて、手のはたらきと装具の役割を学びましょう。医療科学部7号館
2階202教室

学科内ツアー

プログラム内容場所

リハビリ医療の
現場(病院)や
機器を見てみよう
病院のリハビリセンター内の様子や、実際の医療現場で使う最新の治療機器や分析機器を、スライドショーで紹介します。医療科学部7号館
3階305教室、306教室