グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 入学案内  > 入試情報  > 医療科学部・保健衛生学部 平成31年度 入学試験  > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

医療科学部

医療科学部は、各分野の専門的な知識や技術を教育することはもとより、心豊かな人間性と幅広い教養を育み、強い信念をもって課題に取り組む能力と人間の生命を尊重する倫理観を備えた人材を育成します。それらを基盤として、責任感と協調性をもって患者中心の専門職連携を実践できる「医療人」を育成したいと考えています。また、海外の医療系諸大学との交流を活発に進め、国際的な視野を持った人材の育成も目指しています。

医療科学部では、本学が育成しようとする「医療人」となることを目指す入学者に対して、次のような素養を求めています。
(知識・理解・思考・判断)
  1. 入学後の修学に必要な基礎学力を有している。(態度・興味・関心・意欲)
  2. 生命に対する健全な倫理観をもち、弱者に対する奉仕と思いやりの精神をもっている。
  3. 医療や生命科学に対する関心が高く、この分野に貢献したいという目的意識をもっている。
  4. 生涯にわたり自己啓発・自己学習を継続する意欲をもっている。(技能・表現)
  5. 誠実さと協調性をもって他者と接することができる。
  6. 自分の考えや行動に責任をもち、それを相手に明確に示すことができる。

 以上の素養について、一般入試、センター利用入試およびセンタープラス入試では、各選抜試験で上記1)を評価し、調査書で上記2)~ 6)を評価しています。専門職連携の適性を重視したアセンブリ入試では上記1)~ 6)について総合的に評価をしています。また、推薦入試では上記2)~ 6)に重きをおきますが上記1)の評価も加味します。医療科学部では、このようにさまざまな選抜試験を行い、多面的・総合的に評価します。

保健衛生学部

保健衛生学部は、これまで医療科学部として看護学、リハビリテーション学の各分野で専門的な能力を発揮し、医療を通じて幅広く社会に貢献できる人材を育成してきました。保健衛生学部となり、さらに各分野の専門的な知識や技術を教育することはもとより、心豊かな人間性と幅広い教養を育み、強い信念をもって課題に取り組む能力と人間の生命を尊重する倫理観を備え、責任感と協調性をもって患者中心の専門職連携を実践できる「医療人」を育成したいと考えています。さらに、今後見込まれる社会構造の変革に対して柔軟に対応できる人材が必要と考え、地域医療・介護福祉の教育および研究を重要な新課題ととらえています。そこで、地域ケア実践指向の「藤田医科大学地域包括ケア人材育成教育プログラム」を立ち上げ、全国初の大学発信型の「住み慣れた地域での生活継続」を可能にする人材育成モデルを構築しています。このように、保健衛生学部はわが国の地域に根ざした医療、さらに保健・福祉へと幅広く貢献できる「医療人」の育成を目指す一方で、海外の医療系諸大学との人材交流を活発に進め、国際的な視野を持った「医療人」の育成をも目指しています。

保健衛生学部では、本学が育成しようとする「医療人」となることを目指す入学者に対して、次のような素養を求めています。
(知識・理解・思考・判断)
  1. 入学後の修学に必要な基礎学力と学ぶ力を有している。(態度・興味・関心・意欲)
  2. 生命に対する健全な倫理観をもち、弱者に対する奉仕と思いやりの精神をもっている。
  3. 保健衛生、医療福祉に対する関心が高く、この分野に貢献したいという目的意識をもっている。
  4. 生涯にわたり自己啓発・自己学習を継続する意欲をもっている。(技能・表現)
  5. 誠実さと協調性をもって他者と接することができる。
  6. 自分の考えや行動に責任をもち、それを相手に明確に示すことができる。

 以上の素養を、一般入試、センター利用入試、センタープラス入試については、各選抜試験で上記1について評価し、調査書で上記2~6について評価しています。医療職連携の適性を重視したアセンブリ入試では上記1~6の全てについて評価をしています。また、学校推薦では上記2~6に重きをおきますが1の評価も加味します。保健衛生学部では、このようにさまざまな選抜試験を行い、それぞれの試験で総合的に評価します。

禁煙への取り組み

藤田保健衛生大学では、人々の健康を守る医療職者を育成する大学として、
入学者は喫煙しないことを約束できる方とします。