グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



アセンブリ入試

AO入学試験・2段階選抜方式

アセンブリ入学試験は、高校時代の活動をまとめた「アクティブレポート」と「国際適性試験(英語力)」、「科学適性試験(理科系能力)」から成る第1次試験、「グループディスカッション」から成る第2次試験による、2段階選抜のAO入学試験です〔併願可〕。


募集人員

学部学科募集人員
入学
定員
推薦入試アセンブ
リ入試
一般入試センター試験
利用入試
センター
プラス
入試
前期後期前期後期
医療科学部医療検査学科140名30名5名70名15名10名5名5名
放射線学科90名20名3名35名10名7名7名8名
保健衛生学部看護学科135名※30名3名74名10名10名3名5名
リハビリテーション
学科 理学療法専攻
70名10名4名36名6名8名3名3名
リハビリテーション
学科 作業療法専攻
45名6名3名24名3名5名2名2名

※一般公募制推薦、社会人自己推薦若干名、指定校推薦を合わせた人数

出願期間

受付開始日締切日備考
平成30年11月14日(水)平成30年12月3日(月)締切日必着

受付は、平日午前9時から午後5時まで。
ただし、土曜日は正午まで。日曜・祝日は除きます。
締切日に余裕を持って出願してください。

受験票の印刷

出願期間終了後2日後、本学ホームページ「インターネット出願ガイダンス」の「マイページ」画面より受験票を印刷してください。
・印刷した受験票は、当日試験会場に忘れないようご持参ください。
・印刷した受験票は、合格発表時他に必要になりますので、各自大切に保管してください。

第2次試験 入学検定料納付期間

平成30年12月14日(金)第1次試験結果発表後~平成31年1月4日(金)

試験日、結果発表日・合格発表日

試験区分試験日結果発表日・合格発表日試験会場
第1次試験平成30年12月8日(土)平成30年12月14日(金)本学
第2次試験平成30年12月23日(日)平成30年12月26日(水)

試験内容・選抜方法等

選抜方法時間
第1次試験アクティブレポート 出願時に提出。高校3年間におけるクラブ活動、生徒会活動、ボランティア活動等の諸活動の内容を盛り込み、自己アピールとなるレポートを作成(自筆)。
国際適性試験
(英語力)
英文問題60分
TOEICは500点以上、GTEC CBTは1,000点以上、TOEFL iBTは52点以上、TOEFL PBTは470点以上、TEAPは226点以上、IELTSは4.5以上、実用英語技能検定は2級以上であれば、国際適性試験を免除します ※。
科学適性試験
(理科系能力)
物理基礎、化学基礎、生物基礎から1科目選択30分
第2次試験
第1次試験において選抜された受験生に、グループディスカッションを実施します。
グループ
ディスカッション
第1次試験結果通知時(平成30年12月14日(金))にグループディスカッションのテーマが提示され、試験当日に4学科混合型のグループディスカッションを実施します。非公表

  ※ 表内に記載されている資格・検定試験で該当条件が揃えば、国際適性試験(英語力)を免除しますので、
    合格証明書、公式認定証、試験成績通知書の書類をいずれか1通提出してください(いずれも原本)。
    (合格証明書、公式認定証、試験成績通知書(原本)は証書とは異なります。証明書等の発行は、当該
    資格・検定試験の事務局にお問い合わせください。)

    国際適性試験免除の申請者には、免除の条件を満たしているか確認した後、結果を試験日前日までに
    郵送にて通知します。

選抜方法

<第1次試験>国際適性試験(英語力)、科学適性試験(理科系能力)、提出された調査書及びアクティブレポート※
      によって総合的に能力、適性等を判定し選抜します。

       ※アクティブレポート:出願時に提出。高校3年間におけるクラブ活動、生徒会活動、ボランティア活動等
        の諸活動の内容を盛り込み、自己アピールとなるレポートを作成(自筆)。

<第2次試験>第1次試験の合格者に対し、指定したテーマについての4学科混合型のグループディスカッションを課し、
       総合的に能力、適性等を判定し選抜します。