グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > キャンパスライフ  > 学生生活ガイド  > 健康管理室

健康管理室

結核は決して過去の病気ではありません

一時おさまっていた感染症が再度増加してきたものを再興感染症と呼び、わが国でとりわけ心配されているのが結核です。以前は国民病と言われ、大きな死因となっていましたが、治療の進歩により激減しました。しかし蔓延地域との人の行き来が多いこと、医療関係者を含めた人々の関心の低下、などより結核にかかる若者が増えてきています。咳や血痰をきたすような典型的な人ばかりではありません。
このため年1 回の健康診断をきちんと受けるとともに、2週間以上咳が続くようなときには、ぜひ結核も考えて医療機関を受診してください。もちろん健康管理室に相談に来てくだされば、アドバイスとともに適切な指示をいたします。今後、医療従事者となる際に、結核に関して加害者にも被害者にもならないように、常に適切な配慮をお願いします。

健康管理室 室長
吉田 俊治


藤田学園健康管理室は学園の全学生と豊明校地の教職員の健康管理を担当しています。身体に不調を感じたら健康管理室を訪問してください。必要ならば病院の各診療科と連絡を取り受診の手続きを案内します。「心の健康」に関しては学生相談室と連携を取って対処していきます。
利用時間月曜日~金曜日  8:30 ~ 16:45
土曜日      8:30 ~ 12:15
場所大学病院3号館
地下2階

病気にかかったり怪我をした時

緊急性は無いと判断した場合

  • 直接病院の外来を受診しても構わないが、健康管理室に相談があれば、受診の手続きの説明を行う。
  • 藤田保健衛生大学病院を利用する場合は、「学生証」、「健康保険証(コピー可)」もしくは「遠隔地被保険者証(原本)」を携帯すること。
  • 藤田保健衛生大学病院の外来診療受付時間:8:15 ~ 11:30
  • 他院からの紹介状を持参した場合は、初診時の費用の一部が免除される。

学生診療受診体制及び手順

意識のない場合
  1. 発見者は、近くに人がいれば協力を求める。
  2. 発見者は最寄りの電話で院内救急蘇生用ホットライン( 内線:9900、時間外:0562-93-9900)に蘇生要請を行う。
  3. 必要であればBLS(気道確保、心マッサージ)、AED(自動体外式除細動器)による処置を行う。
意識はあるが緊急を要する場合
  1. 午前8 時45 分~午後10 時00 分
    外傷・非外傷ともに救命救急センターのER(内線:2394)へ連絡する。
  2. 午後10 時00 分以後
    時間外外来(内線:2150、2140、9108)へ連絡する。
一般受診(非緊急)の場合<予約受診、一般受診>
受診希望の学生は、通常の受診受付を行う。受診希望科の外来受付で、本学の学生であることを告げ、昼休みなど授業時間外の受診希望を依頼する。