グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 法人関連施設  > 関連施設

関連施設

地域包括ケア中核センター

藤田保健衛生大学は、藤田保健衛生大学病院の協力を得て、地域包括ケアモデル「藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センター」を設立しました。
急性期医療からのスムーズな在宅ケア移行、質の高い在宅医療・介護・福祉サービスの提供、地域包括ケア人材の教育・育成を目指す、その第一段階として「居宅介護支援事業所」「訪問看護ステーション」を開所します。地域の医療・介護・福祉各施設等と協力連携し、人材不足の解消、ケア体制の充実、高品質な医療サービスの提供を実現します。また、今後の地域医療・介護における人材の教育・研究機関として、その成果を全国へ発信します。

詳細情報はこちらをご覧ください。

ダヴィンチ低侵襲手術トレーニングセンター

ダヴィンチ低侵襲手術トレーニングセンターは、急速に普及が進む手術支援ロボット「ダヴィンチ」において、外科医の基本操作や技術の向上を目的に開設された訓練施設です。
2012年4月に本学内にオープンしたばかりの新しい施設で、上部消化管外科の宇山一朗教授がセンター長を務めています。臨床と結びついたトレーニングセンターとしては日本初となり、全国から多数の医師が訪れ、技術向上のため日々研鑽を積んでいます。

詳細情報はこちらをご覧ください。

低侵襲画像診断・治療センター

低侵襲画像診断・治療センターは、創立50周年記念事業の一環として、2012年に開設。「放射線センター」とも呼ばれています。
地上6階、地下1階の建物内には、CTやMRIをはじめ、放射線治療、核医学、血管撮影などの機器を各フロアに配置。先端医療を効率的におこなう施設として大きな役割を担うとともに、日本はもちろんのことアジアにおける放射線診断や治療の中心的存在となるべく、今後も発展を続けていきます。

詳細情報はこちらをご覧ください。