グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床検査学科  > 4年間の学び  > 年次別カリキュラム  > 3年次ピックアップカリキュラム

3年次ピックアップカリキュラム

臨床免疫学実習

患者さんの血液から病気の感染や免疫の状態を調べる免疫学的検査があります。免疫反応とは、抗原が抗体と結びつく現象で、抗原抗体反応とも言います。臨床免疫学実習では抗原抗体反応を応用して、感染によって体の中にできた抗体があるかどうか、また患者さんの免疫の状態を調べるたりすることで、病気の診断や治療に役立てる免疫学的検査法について詳しく学びます。
また輸血の検査における血液型や輸血副作用に関与する検査法などについても学びます。

臨床病態学I・II・III

臨床病態学では、日常生活で見聞きする一般的な病気から、まれな病気まで扱います。これまでに学んだ他の科目の知識を総動員させ、病気を誘発する要因、遺伝的な素因、発症のメカニズム、臨床的な症状、そして臨床検査の結果がどのように変化するのかを学びます。

臨床生理検査学実習

臨床生理検査学実習では実際に病院で使われているものと同じ性能の装置を使用し、心電図検査、脳波検査、肺機能検査、超音波検査などの生理機能検査に必要な手技・技術と知識を実践的な実習を通して学びます。

臨床生化学実習

臨床生化学検査は、病院の検査室でもっとも多くおこなわれている検査で、生体成分を化学的な測定原理に従って分析します。測定原理を理解するために試薬の調整からおこない、実習を繰り返すことで、測定精度の向上をめざします。