グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 学科の特色

学科の特色

医療のプロから臨床現場で必要な能力を学ぶ

看護学科は、大学病院との連携で一貫した実習教育と細やかな指導体制を実現しています。本学の教授陣のほか、大学病院から派遣される実際の臨床現場を知る看護師・医師・薬剤師などの医療プロフェッショナルが講師として熱意ある指導をおこなっています。
また、医療系総合大学の強みを生かし、保健・医療・福祉チームの一員として社会的責任感を持って臨床の現場に出られるよう実践能力を高める教育に取り組んでいます。


現場力を育てる主な実習先

愛知県藤田保健衛生大学病院
藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院
藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センター
大同病院
桶狭間病院藤田こころケアセンター
愛知県市内町村保健センター
愛知県保健所
名古屋市保健所
豊明市立小・中学校
豊明市立保育園
豊明市老人クラブ連合会
のなみ訪問看護ステーション
訪問看護ステーションなるみ
知立老人保健施設
訪問看護ステーション太陽・緑
まこと老人保健施設
介護老人保健施設メディコ平針
グループホームルミナス大府
知的障害者授産施設メイツ
名古屋市療養サービス事業団

※一例です。上記施設以外にも実習先はあります。

学科のポイント

看護師教育と保健師教育があります

看護師教育は必修で全員が学習しますが、保健師教育は選択選抜制です。
保健師教育の実習は、定員の15%(選抜制)が履修できます。

看護師病気や障がいを持った患者さんや妊産婦の方々に寄り添い、よりよい状態で生活ができるように支援します。
保健師地域に住む人々がより健康で長生きできるよう支援したり、企業で働く人々が元気に働けるようにサポートします。



人間性豊かな看護師の育成をめざして

本学の「独創一理」の建学の理念を踏まえ、人間の生命を尊重する倫理観と心豊かな幅広い人間性をもつ、看護の専門職者を育成します。