グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 放射線学科  > 学科の特色  > 学科概要

学科概要

放射線学科 学科長
齋藤 邦明

未来を創造できる心優しい知的医療プロフェッショナルを育む

放射線学科は、日本で最初の診療放射線技師を養成する4年制大学として設立された歴史と伝統ある学科です。本学は、若者の『夢』を実現するための絶え間ない藤田の挑戦と日本最大の病床数と最新鋭の医療機器を有する大学病院を併設した医療系総合大学としての強みを生かした先進的教育を行っています。また、最先端の放射線技術科学に対する皆さんの探究心に対応できるよう大学院を設置し,修士課程や博士後期課程を開設しているのも本学の特徴の1つです。巣立っていった多くの卒業生は、全国各地の医療機関、研究教育機関や様々な企業で活躍しています。建学の理念である『独創一理』を具現化し、本学他学科も含めた教職員、学生が協調することでチーム医療の精神を培い、学生諸君自身が『輝』人材として将来グローバルに活躍できる『心優しい知的医療人』を育成します。


教育目標

放射線学科では、診療放射線技師として高度先進医療に寄与する卓越した専門知識、最先端の放射線技術科学を拠とする優れた技量、そして医療人に相応しい人間性を兼ね備えた『心優しいプロフェッショナル』を輩出すべく、本邦初の4年制診療放射線技師養成大学として長年培った教育実績に裏打ちされたカリキュラムを設定しています。
このカリキュラムの目的は、
  1. 医療専門職である診療放射線技師の役割を自覚し、その使命と責任を充分に担える専門的素養を育成する

  2. 医療人として診療放射線技師に求められる基本的な礼節やコミュニケーション能力、さらにチーム医療の実践に不可欠な他の医療職種との協調性を培う

  3. 高度な専門知識と優れた技術が相乗的に発揮される課題解決能力を育成する

  4. 放射線技術科学の発展に寄与する探究心と創造力を涵養する

であり、本学建学の理念である『独創一理』と医療科学部の教育理念に基づき、他の医療専門職と密接に連携・協働してチーム医療、ひいては社会に貢献できる診療放射線技師の育成に努めています。皆さんが診療放射線技師になるためには、医師や看護師らと同じく国家試験に合格する必要があり、その受験資格を得るためには本カリキュラムが定める卒業要件単位の取得が必須となります。また、本カリキュラムは、医療の目覚ましい進歩とそれに伴う医療技術の変化にも十分に対応しており、今日の医療に求められる先進の放射線技術科学を網羅しています。さらに、これらは学年毎に策定される時間割に基づき実施される様々な講義や実習によって具現化されていきます。このシラバスでは、各授業科目の目的、内容、評価方法・評価基準、履修上の注意点、科目担当教員およびその連絡先等々について細かく書かれています。皆さんが目指す診療放射線技師への大切な学びを開始するにあたって、まずはこのシラバスに目を通し、本学科教育の概要を理解すると同時に、各学年あるいは4年間の履修についても理解を深めていただきたいと思います。

アドミッションポリシー

藤田保健衛生大学医療科学部のアドミッションポリシーに基づき、放射線学科では次のような人を入学者として求めます。
  1. 医療人が身につけるべき基本的な礼節や他者への心遣いを自覚し、常にその実践を心がける人
  2. 医学、医療科学、薬学、理工学を融合する診療放射線技術科学の学修に必要な幅広い科目に関する基礎学力を有している人
  3. 医療を支える診療放射線技術科学に高い関心をもち、診療放射線技師として医療を必要とする人々のために優れた専門性をもって貢献したいという崇高な志を有している人
  4. 医学・医療科学を自ら積極的に学び、診療放射線技術科学に関する高度な知識や技術の習得に努力を惜しまない人
  5. 周囲の人と協調性をもって良好な関係を築き、他者を思いやるコミュニケーションを実践できる人

選抜方法については、医療科学部のアドミッションポリシーに準じます。放射線学科では、基礎的学力の評価として一般入試において外国語(英語)を必須とし、数学、理科(物理・化学・生物)を科目選択式とした選抜試験を実施しています。センター利用入試では、外国語(英語)と数学を必須とし、理科(物理・化学・生物)を科目選択式とした選抜試験を実施しています。センタープラス入試では、外国語(英語)、数学、理科(物理・化学・生物)からの科目選択式、アドミッションポリシーを重要視したアセンブリ入試では国際適性試験、科学適性試験の選抜試験を実施しています。

カリキュラムポリシー

藤田保健衛生大学医療科学部のカリキュラムポリシーに基づき、放射線学科ではチーム医療の一員として自らの専門性を発揮し、医療の質の向上に積極的に貢献する人材を育成するため、以下のような指針に基づいて教育課程(カリキュラム)を編成しています。
  1. 診療放射線技師が身につけるべき倫理観や他者を思いやる心遣い、さらに洗練された礼節を涵養する全人教育を行う。
  2. 他の医療専門職と協働して医療を担う責任感と協調性、コミュニケーション能力を高めるため、「アセンブリ」をはじめとした本学独自の教育により、多職種連携医療に対応できる人材を育成する。
  3. 診療放射線技師が担う診療画像検査業務および画像診断支援業務、放射線治療支援業務、放射線管理業務に幅広く対応できるよう、高度な知識と技術を身につけた人材を育成する。
  4. 診療放射線技術科学に関する論理的な課題解決思考をもち、卓越した専門性を発揮して放射線診療に携わることができる人材を育成する。
  5. 医療機関のみならず、診療放射線技術科学に関連する企業等においても活躍できる人材を育成する。
  6. 卒業研究では、医学・医療科学における真理の探究と医療の発展に貢献するリサーチマインドを涵養し、当該分野のグローバリズムに対応できる国際的視野を持った人材を育成する。

ディプロマポリシー

藤田保健衛生大学医療科学部のディプロマポリシーに基づき、放射線学科に4年以上在学し、授業科目より卒業要件を満たす単位を修得したうえ、卒業試験を合格した学生に『学士(診療放射線技術学)』の学位を授与します。
卒業試験は以下の各項目について、その修得を総合的に判断するものです。したがって、放射線学科を卒業し、学位を授与された学生は以下の能力を修得していることになります。
  1. 医療専門職に相応しい倫理観や他者を思いやる心遣い、および洗練された礼節を身につけている。
  2. チーム医療の一員として他の医療専門職と協働して医療を担う責任感と協調性、優れたコミュニケーション能力を有する。
  3. 診療放射線技師が担う診療画像検査業務および画像診断支援業務、放射線治療支援業務、放射線管理業務に幅広く対応できる高度な知識と技術を有する。
  4. 診療放射線技術科学に関する論理的な課題解決思考をもち、卓越した専門性を発揮して放射線診療に携わることができる。
  5. 医療機関のみならず、医療機器メーカー等の企業においても、質の高い製品やサービスの開発・供給に貢献できる能力を有する。
  6. 医学・医療科学に関する課題解決思考とリサーチマインドを兼ね備え、診療放射線技術科学のグローバリズムに対応できる国際的視野を有する。

在学生数

平成28年5月1日現在
放射線学科 男子女子
1年342963
2年342559
3年332659
4年342862
135108243