グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




平成26年度

運動システム科学分野

論文

  1. Ohtsuka K, Saitoh E, Kagaya H, Itoh N, Tanabe S, Matsuda F, Tanikawa H, Yamada J, Aoki T, Kanada Y. Application of Lissajous overview picture in treadmill gait analysis. Jpn J Compr Rehabil Sci. 2015 Mar;6:33-42.
  2. Koyama S, Tanaka S, Tanabe S, Sadato N. Dual-hemisphere transcranial direct current stimulation over primary motor cortex enhances consolidation of a ballistic thumb movement. Neurosci Lett. 2015 Feb;588:49-53.
  3. Hirano S, Saitoh E, Tanabe S, Katoh M, Shimizu Y, Yatsuya K, Tanaka H, Kagaya H, Ishihara K, Uno A. Comparison between gait-assisting robot (WPAL) and bilateral knee-ankle-foot orthoses with a medial single hip joint in gait reconstruction for patients with paraplegia. Neurosci Lett 2015 Feb;6:21-26.
  4. Koyama S, Tanabe S, Ishikawa T, Itoh S, Kubota S, Sakurai H, Kanada Y. Time-dependent effects of neuromuscular electrical stimulation on changes in spinal excitability are dependent on stimulation frequency: a preliminary study in healthy adults. Somatosensory and motor research. 2014 Dec;31(4):221-226.
  5. Yanohara R, Teranishi T, Tomita Y, Tanino G, Ueno Y, Sonoda S. Recovery Process of Standing Postural Control in Hemiplegia after Stroke. Phys Ther Sci. 2014 Nov; 26(11): 1761-1765.
  6. Sugawara K, Yamaguchi T, Tanabe S, Suzuki T, Saito K, Higashi T. Time-dependent changes in motor cortical excitability by electrical stimulation combined with voluntary drive. Neuroreport. 2014 Apr;25(6):404-409.
  7. Koyama S, Tanabe S, Warashina H, Kaneko T, Sakurai H, Kanada Y, Nagata J, Kanno T. NMES with rTMS for moderate to severe dysfunction after stroke. NeuroRehabilitation. 2014 Sep;35(3):363-368.
  8. 大塚圭, 土山和大, 加賀谷斉. 頚髄症の歩行障害. MEDICAL REHABILITATION. 2015年3月;181巻:27-33.
  9. 高野映子, 渡辺豊明, 寺西利生, 澤俊二, 金田嘉清, 近藤和泉. 健常な地域在住高齢者における転倒を予測する評価の検討. 日本転倒予防学会誌. 2015年3月;1巻3号:21-28.
  10. 田辺茂雄, 平野 哲, 才藤栄一. ロボットによる対麻痺者の歩行再建. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2015年3月;52巻3号:185-188.
  11. 寺西利生, 山田将之, 鈴木由佳理. 高齢者におけるリハビリテーションの阻害因子とそれに対する一般的対応2.転倒とバランス2)入院患者. 老年医学. 2014年10月;52巻10号:1241-1245.
  12. 藤本修平, 小宅一彰, 山口智史, 田辺茂雄, 近藤国嗣, 大高洋平. 回復期脳卒中患者の歩行能力に関連する身体機能 正準相関分析を用いた検討. 理学療法科学. 2014年8月;29巻4号:627-631.
  13. 平野 哲, 才藤栄一, 田辺茂雄, 石原 健. リハビリテーション ロボットを用いたリハビリテーション. 日本臨床. 2014年7月;72巻増刊5:682-685.
  14. 北地志行, 寺西利生, 田辺茂雄, 伊藤慎英, 宮下大典, 大野健介, 周ユンタオ, 高橋亮吾, 金田嘉清. 歩行時模擬スリップ刺激に対する姿勢制御反応の運動学的評価 -手提げ運搬の有無による比較-. 日本転倒予防学会誌. 2014年6月;1巻1号:45-54.
  15. 寺西利生. 高齢者の病棟内転倒危険度スクリーニングと転倒予防. MEDICAL REHABILITATION. 2014年5月;170巻:47-53.
  16. 吉田直心, 菅原憲一, 山口智史, 齋藤 慧, 田辺茂雄, 渡部政司. 反応時間を指標とした随意的筋弛緩に関する研究. 理学療法学. 2014年4月;41巻2号:80-81.

学会発表

  1. Hirano M, Kubota S, Tanabe S, Koizume Y, Funase K. Change in M1 excitability occurs during the slow-learning stage of motor skill learning. 1st International Brain Stimulation Conference; 2015 Mar; Singapore, Singapore.
  2. Kubota S, Hirano M, Koizume Y, Tanabe S, Funase K. Movement speed-dependent modulation on the activity of spinal inhibitory circuits. 1st International Brain Stimulation Conference; Singapore, 2015 Mar; Singapore.
  3. Koizume Y, Hirano M, Kubota S, Tanabe S, Funase K. Relationship between intrinsic intracortical inhibition and rate of motor skill learning. 1st International Brain Stimulation Conference; 2015 Mar; Singapore, Singapore.
  4. Mukaino M, Katoh A, Oishi A, Yamaguchi M, Okouchi Y, Kagaya H, Tanabe S, Saitoh E. Trade-off between the Kinematic Parameters in the Robotic Training of Upper-Limb Reaching Movement. 4th Japan-Korea Neurorehabilitation Conference; 2015 Feb; Akita, Japan.
  5. Saitoh E, Hirano S, Tanabe S. Exercises, what’s new? Balance exercise assist robot, an innovative way for exercise. Asia-Oceanian Conference of Physical and Rehabilitation Medicine; 2014 Dec; Bangkok, Thailand.
  6. Saitoh E, Hirano S, Tanabe S, Ozaki K. Reconstruction of paraplegic walk - from orthosis to robotics. 4th Asia-Oceanian Conference of Physical and Rehabilitation Medicine; 2014 Dec; Bangkok, Thailand.
  7. Ohtsuka K, Saitoh E, Mukaino M, Matsuda F, Pongpipatpaiboon K, Yamada J, Tanigawa H, Kagaya H, Teranishi T, Kanada Y. Effect of ankle foot orthosis on hemiplegic gait: a gait analysis using the Lissajous overview picture. 4th Asia-Oceanian Conference of Physical and Rehabilitation Medicine; 2014 Dec; Bangkok, Thailand.
  8. Koyama S, Tanaka S, Tanabe S, Sadato N. Transcranial direct current stimulation (tDCS) over the primary motor cortex during training enhances over-night consolidation of newly-learned ballistic thumb skill. Neuroscience 2014; 2014 Nov; Washinton DC, USA.
  9. Saitoh E, Hirano S, Tanabe S. "Robotics in rehabilitation medicine, especially for exercise assist". Asian Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2014 in conjunction with The Second Meeting of the International Society for Restorative Neurology; 2014 Nov; Taipei, Chinese Taipei.
  10. Ohno K, Tanabe S, Teranishi T, Hirano S, Zhou YT, Ii T, Kitaji S, Kanada Y. Feasibility study of the gait training system for severe hemiplegic patients. 2014 Summer School on Neurorehabilitation; 2014 Sep; Baiona, Spain.
  11. Zhou YT, Tanabe S, Mukaino M, Kondo I, Saitoh E. Reliability and validity of balance evaluation method using an instrumented treadmill for measuring ground reaction forces. ISPRM SUMMIT for Developing Countries; 2014 Aug; Suzhou, China.
  12. Matsuyama K, Koyama S, Tanabe S, Kaneko T, Kanno T. The effects of OT combined with repetitive transcranial magnetic stimulation and therapeutic electrical stimulation in chronic stroke patients. 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  13. Hayakawa Y, Koyama S, Tanabe S, Kaneko T, Kanno T. The factor affecting treatment effect of OT combined with rTMS and TES in chronic stroke patients. 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  14. Hirano S, Saitoh E, Kagaya H, Ishihara K, Itoh N, Tanabe S, Fujinori Y. Effectiveness of Balance Exercise Assist Robot. 8th World Congress for NeuroRehabilitation; 2014 Apr; Istanbul, Turkey.
  15. Hirano S, Saitoh E, Kagaya H, Ishihara K, Itoh N, Tanabe S, Fujinori Y. Balance Exercise Assist Robot for Patients with Balance Difficulties. International Symposium for 50th Anniversary of the Japanese Association of Rehabilitation; 2014 Apr; Tokyo, Japan.
  16. 小山総市朗, 武田和也, 福井龍太郎, 田辺茂雄, 伊藤慎英, 櫻井宏明, 金田嘉清. 継ぎ足歩行試験における検者間信頼性と妥当性の検討. 第25回, 岐阜県理学療法学会; 2015年2月; 岐阜県恵那市.
  17. 武田和也, 小山総市朗, 田辺茂雄, 後山耕輔, 櫻井宏明, 金田嘉清. 経頭蓋直流電気刺激と神経筋電気刺激の併用が脊髄相反抑制機構に及ぼす影響. 第25回 岐阜県理学療法学会; 2015年2月; 岐阜県恵那市.
  18. 小山総市朗, 田辺茂雄, 櫻井宏明, 金田嘉清, 永田淳二, 神野哲夫. 重度な脳卒中上肢運動麻痺者に対する低頻度反復経頭蓋磁気刺激治療における経皮的電気刺激の修飾効果. 第6回 日本ニューロリハビリテーション学会; 2015年2月; 秋田県秋田市.
  19. 渡部剛志, 小山総市朗, 田辺茂雄, 櫻井宏明, 金田嘉清. 足部鏡像観察が下肢一次運動野の皮質興奮性に与える影響. 第6回 日本ニューロリハビリテーション学会; 2015年2月; 秋田県秋田市.
  20. 松田文浩, 向野雅彦, 大塚 圭, 土山和大, 貝沼啓昭, 日髙雅大, 加賀谷斉, 才藤栄一. 脳卒中片麻痺患者の麻痺側遊脚相における足部のクリアランスを規定する因子の検討. 第6回 日本ニューロリハビリテーション学会; 2015年2月; 秋田県秋田市.
  21. 平野 哲, 才藤栄一, 田辺茂雄, 加藤正樹, 宇野秋人, 武満知彦. WPALによる対麻痺者の実用的歩行再建. リハビリ新機器セミナー in AKITA; 2015年2月; 秋田県秋田市.
  22. 宇野秋人, 才藤栄一, 平野 哲, 田辺茂雄, 加藤正樹, 武満知彦. 対麻痺歩行再建を目指す 歩行補助ロボットWPALの開発. リハビリ新機器セミナー in AKITA; 2015年2月; 秋田県秋田市.
  23. 大塚 圭. 歩行障害を客観的に診る. 第16回 日本正常圧水頭症学会; 2015年2月; 岡山県岡山市.
  24. 山口智史, 菅原憲一, 前田和平, 田辺茂雄, 田中悟志, 里宇明元. 手指トラッキング課題中の末梢神経刺激が運動学習と半球間抑制に与える影響. 第1回 日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第4回学術大会合同学会; 2014年11月; 愛知県名古屋市.
  25. 谷川広樹, 加賀谷 斉, 才藤栄一, 山田純也, 渡邊家泰, 稲垣圭亮, 伊藤慎英, 大塚 圭, 尾崎健一. 三次元トレッドミル歩行分析で評価した歩行中の足内反に対するA型ボツリヌス毒素注射の定量的効果判定. 第44回 日本臨床神経生理学会; 2014年11月; 福岡県福岡市.
  26. 窪田慎治, 平野雅人, 小井詰喜希, 田辺茂雄, 船瀬広三. シナプス前抑制回路が律動性関節運動パフォーマンスに及ぼす影響について. 第44回 日本臨床神経生理学会; 2014年11月; 福岡県福岡市.
  27. 平野雅人, 窪田慎治, 小井詰喜希, 田辺茂雄, 船瀬広三. 運動学習における学習段階と一次運動野興奮性の関連性. 第44回 日本臨床神経生理学会; 2014年11月; 福岡県福岡市.
  28. 山口智史, 菅原憲一, 前田和平, 田辺茂雄, 里宇明元. 体性感覚刺激が運動学習と半球間抑制に与える影響. 第44回 日本臨床神経生理学会; 2014年11月; 福岡県福岡市.
  29. 藤本絢子, 小山総市朗, 田辺茂雄, 櫻井宏明, 金田嘉清. 頸椎症性脊髄症による下垂足を呈した症例に対するウォークエイドの歩行練習効果. 第30回 東海北陸理学療法学術学会; 2014年11月; 静岡県静岡市.
  30. 青山貴文, 小山総市朗, 田辺茂雄, 田中悟志, 櫻井宏明, 金田嘉清. 下肢一次運動野に対する経頭蓋直流電気刺激は足関節運動制御機能を向上させる. 第30回 東海北陸理学療法学術学会; 2014年11月; 静岡県静岡市.
  31. 平川雄一, 小山総市朗, 田辺茂雄, 櫻井宏明, 金田嘉清. 二重課題条件下では左空間の空間的注意機能が低下する. 第30回 東海北陸理学療法学術学会; 2014年11月; 静岡県静岡市.
  32. 山口智史, 菅原憲一, 前田和平, 田辺茂雄, 田中悟志, 里宇明元. 随意運動中の治療的電気刺激が運動学習と半球間抑制に与える影響. 第22回 日本物理療法学会学術大会; 2014年10月; 長野県松本市.
  33. 青山貴文, 小山総市朗, 田辺茂雄, 河村信利, 金田嘉清, 櫻井宏明. 経頭蓋直流電気刺激を用いた脳卒中患者の歩行能力改善に関する研究. 第22回 日本物理療法学会学術大会; 2014年10月; 長野県松本市.
  34. 小向佳奈子, 山口智史, 田辺茂雄, 近藤国嗣, 大高洋平. 運動イメージと末梢神経電気刺激の併用が脊髄相反性抑制に与える影響. 第22回 日本物理療法学会学術大会; 2014年10月; 長野県松本市.
  35. 後藤豪志, 才藤栄一, 平野 哲, 加藤正樹, 松田佳恵, 田辺茂雄, 宇野秋人, 武満知彦. 対麻痺者における歩行補助ロボットWPAL(Wearable Power-Assist Locomotor)と従来装具との歩行能力比較. 第30回 日本義肢装具学会学術大会; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  36. 平野 哲, 才藤栄一, 園田 茂, 石原 健, 大塚 圭, 田辺茂雄, 加藤正樹, 伊藤慎英, 谷野元一, 山田純也. 歩行練習アシストの効果と可能性. 第30回 日本義肢装具学会学術大会; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  37. 横田元実. 脳卒中片麻痺者の歩行に求められる短下肢装具足継手機能. 第30回 日本義肢装具学会学術大会, Advanced Technology 3短下肢装具足継手; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  38. 横田元実. 片麻痺者の歩行練習と支援機器. 第30回 日本義肢装具学会学術大会, ランチョンセミナー; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  39. 大田一貴, 横田元実, 才藤栄一, 平野明日香, 沢田光思郎, 石原 健, 安藤 優, 鈴木 瞳. 短下肢装具のバンド取り付け一の違いに寄る装具保持力に関する検討. 第30回 日本義肢装具学会学術大会; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  40. 沢田光思郎, 才藤栄一, 井元大介, 平野 哲, 伊藤慎英, 大塚 圭, 田辺茂雄, 山田純也, 加藤正樹, 横田元実. 歩行練習におけるSafety Suspension. 第30回 日本義肢装具学会学術大会; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  41. 井元大介, 横田元実, 沢田光思郎, 宇野秋人, 奥野雅大, 伊藤智昭, 後藤学, 才藤栄一. 新しい調整機能付き後方平板支柱型長下肢装具(RAPS-KAFO)の開発と臨床応用. 第30回 日本義肢装具学会学術大会; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  42. 鈴木瞳, 横田元実, 才藤栄一, 平野明日香, 沢田光思郎, 石原健, 大田一貴. 調整機能付き後方平板支柱型短下肢装具(Adjustable Posterior Strut Akle Foot Orthosis:APS-AFO)の着脱操作性の検討. 第30回 日本義肢装具学会学術大会; 2014年10月; 岡山県岡山市.
  43. 八谷カナン, 平野哲, 才藤栄一, 田中宏太佳, 清水康裕, 藤野宏紀, 田辺茂雄, 加藤正樹, 松田佳恵, 武満知彦. 歩行補助ロボットWPALと内側股継手付き長下肢装具HALOのエネルギー消費比較. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  44. 石原健, 才藤栄一, 平野哲, 伊藤慎英, 田辺茂雄, 加藤翼, 海藤大将, 井伊卓真, 澤田雄矢, 藤範洋一. バランス練習アシスト使用中の筋活動量. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  45. 北地志行, 寺西利生, 田辺茂雄, 宮下大典, 大野健介, 周ユンタオ. 歩行時模擬スリップに対する非刺激側下肢のステッピングの比較検討 荷物運搬方法による比較. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  46. 平野哲, 才藤栄一, 園田茂, 石原健, 大塚圭, 田辺茂雄, 加藤正樹, 伊藤慎英, 谷野元一, 山田純也. 歩行練習アシスト(GEAR)を用いた片麻痺患者の歩行練習. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  47. 田辺茂雄. 活動が変わる ロボットによる対麻痺者の歩行再建. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会, 活動再建を考える; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  48. 稲垣圭亮, 谷川広樹, 大塚 圭, 伊藤慎英, 松田文浩, 山田純也, 菱川法和, 加賀谷 斉, 才藤栄一. 三次元トレッドミル歩行分析による骨盤後退と膝屈曲位歩行の定量的評価. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  49. 大塚 圭. 実用歩行分析・動作分析. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会, モーニングレクチャー; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  50. 立本将士, 山口智史, 田辺茂雄, 近藤国嗣, 大高洋平, 田中悟志. 運動イメージと電気刺激の併用による大脳皮質可塑性の変化の検討. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  51. 守屋耕平, 山口智史, 田辺茂雄, 近藤国嗣, 大高洋平, 田中悟志. 身体に対する注意と経頭蓋直流電気刺激法の組み合わせは手指の運動成績を向上させる. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  52. 山口智史, 藤原俊之, 田辺茂雄, 里宇明元. 運動イメージが脊髄抑制性介在ニューロンに与える影響. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  53. 井上靖悟, 小宅一彰, 山口智史, 田辺茂雄, 近藤国嗣, 大高洋平. 脳卒中患者における歩行時の力学的仕事量と歩行速度の関係. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  54. 吉田直心, 渡部政司, 田辺茂雄, 鈴木智高, 菅原憲一. 脳卒中片麻痺患者3症例における麻痺側運動機能と筋弛緩の遅延の関連性. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  55. 小宅一彰, 山口智史, 菅澤昌史, 小田ちひろ, 田辺茂雄, 横山明正, 近藤国嗣, 大高洋平. 脳卒中患者における小型無線加速度計を用いた歩行非対称性の推定. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  56. 小山総市朗, 田中悟志, 田辺茂雄, 定藤規弘. 一次運動野に対する経頭蓋直流電気刺激は運動技能の定着を促進する. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  57. 北地志行, 寺西利生, 田辺茂雄, 宮下大典, 大野健介, 周ユンタオ. 歩行時模擬スリップに対する姿勢制御反応の運動学的評価 安全な荷物運搬方法の検討. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.
  58. 菅澤昌史, 小宅一彰, 山口智史, 田辺茂雄, 近藤国嗣, 大高洋平. 加速度計を用いた歩行周期時間測定の検者間信頼性および真値の推定精度に歩行速度が及ぼす影響. 第49回 日本理学療法学術大会; 2014年5月; 神奈川県横浜市.

その他

  1. 大塚圭, 谷川広樹, 山田純也, 貝沼啓昭. 臨床に役立つ 歩行分析・動作分析セミナー. キッセイコムテック株式会社主催; 2014年8月; 東京.
  2. 大塚圭. 神経系疾患の理学療法. 平成27年度愛知県理学療法学会アドバンスセミナー; 2014年2月; 愛知県豊明市.

摂食・嚥下治療学分野

著書

  1. Fujii N, Inamoto Y. Evaluation of Swallowing Using Area Detector CT: Static and Kinematic 3D Morphological Analysis. In: Kazuhiro Katada, Melvin E. Clouse, editors. Area Detector CT. Tokyo: Medical Tribune; 2014. p. 182-189.

論文

  1. Inamoto Y, Saitoh E, Okada S, Kagaya H, Shibata S, Baba M, Onogi K, Hashimoto S, Katada K, Wattanapan P, Palmer JB, Anatomy of the larynx and pharynx: effects of age, gender and height revealed by multi detector computed tomography. J Oral Rehabil. Accepted: March 2015. doi: 10.1111/joor.12298. PubMed PMID: 25892610.
  2. Saitoh E, Matsuo K, Inamoto Y, Ishikawa M, Tsubahara A. Twenty years of trans-disciplinary approach development for dysphagia rehabilitation in Japan. Dysphagia. 2015 Feb;30(1):102-103.
  3. Onogi K, Saitoh E, Kondo I, Ozeki M, Kagaya H. Immediate effectiveness of balloon dilatation therapy for patients with dysphagia due to cricopharyngeal dysfunction. Jpn J Compr Rehabil Sci. 2014 Sep;5:87-92
  4. Inamoto Y, Saitoh E, Kagaya H, Nakayama E, Ota K, Onogi K, Kawamura Y, Effectiveness and applicability of a specialized evaluation exercise chair in posture adjustment for swallowing. Jpn J Compr Rehabil Sci. 2014 Apr;5:33-39.
  5. 稲本陽子, 才藤栄一. 最新の活動計測-活動をはかる- 食べるを測る:嚥下CTを用いた新しい嚥下機能評価. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2015年1月;52巻1号:36-41.
  6. 青木祐介, 太田喜久夫. 嚥下障害患者における舌圧と摂食嚥下機能の関連. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会誌. 2014年12月;18巻3号:239-248.
  7. 稲本陽子, 才藤栄一, 藤井直子, 片田和広, 外山宏, 柴田斉子, 青柳陽一郎, 加賀谷斉, 飯田貴俊, 岡田猛司, 伊藤友倫子. 嚥下CT 320列面検出器型CTを用いた嚥下研究と臨床応用. 臨床放射線. 2014年11月;59巻12号:1732-1742.
  8. 稲本陽子, 才藤栄一. 特別企画 リハビリ医療での画像診断装置拡充の意義: 嚥下CTによる嚥下動態の運動学的理解. 新医療. 2014年6月;41巻6号:120-125.
  9. 稲本陽子. 嚥下障害-嚥下CTがもたらした嚥下動態・嚥下障害の運動学的理解. インナービジョン. 2014年5月;29巻5号:73-76.

学会発表

  1. Inamoto Y, Saitoh E, Aoyagi Y, Shibata S, Kagaya H, Itoh Y, Hara K, Katada K, Palmer JB. Mendelsohn maneuver: Kinematic analysis using 3D dynamic Computed Tomography. Annual meeting of Dysphagia Research Society; 2015 Mar; Chicago, USA.
  2. Inamoto Y. Dysphagia evaluation using multi-slice CT. Seoul National University Hospital; 2014 Oct; Seoul, Korea.
  3. Inamoto Y. Swallowing CT: What we are now revealing. The International Dysphagia Symposium Commemorating the 20th Anniversary of Japanese Society of Dysphagia Rehabilitation; 2014 Sep; Tokyo, Japan.
  4. Ho AK, Nicosia MA, Dietsch A, Pearson W, Rieger I, Solomon N, Stone M, Inamoto Y, Saitoh E, Green S, Fels S. 3D Dynamic Visualizzation of Swallowing from Multi-Slice Computed Tomography. 41st International Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Technique; 2014 Aug; Vancouver, Canada.
  5. Inamoto Y. The application of 320-row area detector computed tomography on assessment of swallow. 2014 International Dysphagia Symposium in Guangzhou; 2014 Jun; Guangzhou, China.
  6. Inamoto Y, Saitoh E, Kagaya H, Aoyagi Y, Shibata S, Onogi K, Katada K, Palmer JB. How does Swallowing Adapt to Differences in Bolus Volume and Consistency? Kinematic Analysis using 320-Row Area Detector CT. 8th World Congress for NeuroRehabilitation; 2014 Apr; Istanbul, Turkey.
  7. 稲本陽子. 嚥下CTがもたらした運動学的評価の新しい地平線. 第10回 鹿児島摂食・嚥下リハビリテーション研究会; 2014年11月; 鹿児島県鹿児島市.
  8. 稲本陽子, 才藤栄一, 柴田斉子, 加賀谷斉, 青柳陽一郎, 太田喜久夫, 岡田猛司, 伊藤友倫子, 藤井直子, 片田和広, Jeffrey B. Palmer. 食塊量と物性が嚥下動態に及ぼす影響 3D dynamic CTによる検討. 第20回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術集会; 2014年9月; 東京.
  9. 小野木啓子, 柴田斉子, 稲本耀光, 松尾浩一郎, 戸田芙美, 原豪志, 田中慎一郎, 山田薫. 摂食嚥下障害の臨床的重症度分類と口腔機能. 第20回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会; 2014年9月; 東京.
  10. 稲本陽子. 嚥下CTによる嚥下手技と姿位調整の運動学的理解. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  11. 稲本陽子. 食べるを測る 嚥下CTを用いた新しい嚥下機能評価. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.
  12. 小野木啓子, 尾関恩, 沢田光思郎, 加賀谷斉, 田中ともみ, 楠戸正子, 山田香織, 坂井佳代, 前田博士, 馬場尊, 才藤栄一. 嚥下障害重症度と推奨食事形態の検討. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.

作業療法科学分野

論文

  1. Suzuki T. The effects of simulated classes on occupational therapy students. J Environ Stud. 2014 Dec;12(2):177-180.

学会発表

  1. Sawa S, Suzuki M, Yamada M, Sakano N, Ota H. The IBARAKI stroke follow up study: Issues and intervention of community based occupational therapy (CBOT). 16th International Congess of the World Federation of Occupational Therapists; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  2. Suzuki M, Yamada M, Kanada Y, Sawa S, Saitoh E. Research on concurrent validity of Community Integration Questionnaire (CIQ). 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  3. Yamada M, Suzuki M, Maeda A, Katoh H. Investigation of a method for identifying the language-dominant hemisphere by Near Infra-Red Spectroscopy (NIRS). 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  4. Suzuki M, Yamada M, Ota K, Kanada Y, Sawa S, Saitoh E. The Influence of living together with someone else on community integration questionnaire (ciq) scores in healthy Japanese. 8th World Congress NeuroRehabilitation; 2014 Apr; Istanbul, Turkey.
  5. 太田喜久夫, 鈴木めぐみ, 近藤和泉, 内藤真理子. Quality of Life for Traumatic Brain Injury QOLIBRI日本語版の開発第2報 QOLIBRI-OS, Short-Versionにおける内容妥当性の検討. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術総会; 2014年5月; 愛知県名古屋市.

リハビリテーション機能形態学分野

論文

  1. Yamada K, Nishii K, Sakai K, Teranishi T, Matsubara M. Groped for a novel stimulation method for the prevention of lumbar vertebral compression pressure bone fracture and verification using a bone density drop model mouse. Okajimas Folia Anat Jpn. 2014 Dec;91(2):29-36.

学会発表

  1. 酒井一由, 野村隆士, 新里昌功, 西井一宏, 加藤好光, 長谷川義美, 山田晃司. Anal tonsillar histopathology after the HRP and LPS administration.in the laboratory shrew, Suncus murinus. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会; 2015年3月; 兵庫県神戸市.
  2. 山田晃司, 西井一宏, 酒井一由, 寺西利生, 松原 守. 振盪振動刺激が卵巣摘出したマウス大腿骨に与える影響についての検討. 第37回 日本分子生物学会年会; 2014年11月; 神奈川県横浜市.
  3. 山田晃司, 西井一宏, 酒井一由, 寺西利生, 松原 守. ダブルメカニカルストレス刺激がマウス大腿骨に与える影響についての検討. 第87回 日本生化学会大会; 2014年10月; 京都府京都市.
  4. 山崎将生, 村田幸則, 黒野伸子, 亀井哲也, 鈴木康司, 野村裕子, 皆川敦子, 横山須美, 西井一宏, 山田晃司 他3名. 医療系大学で留年や休学となる学生の問題点とその対応. 第46回 日本医学教育学会大会; 2014年7月; 和歌山県和歌山市.
  5. 壹岐英正, 山田晃司, 寺西利生, 冨田昌夫, 澤俊二. Bedridden patientsに対する運動療法の免疫応答-唾液を用いた免疫応答測定の可能性-. 第51回 日本リハビリテーション医学会学術集会; 2014年6月; 愛知県名古屋市.

リハビリテーション教育科学分野

論文

  1. Ohtsuka K, Saitoh E, Kagaya H, Itoh N, Tanabe S, Matsuda F, Tanikawa H, Yamada J, Aoki T, Kanada Y. Application of Lissajous overview picture in treadmill gait analysis. Jpn J Compr Rehabil Sci. 2015 Mar;6:33-42.
  2. Koyama S, Tanabe S, Ishikawa T, Itoh S, Kubota S, Sakurai H, Kanada Y. Time-dependent effects of neuromuscular electrical stimulation on changes in spinal excitability are dependent on stimulation frequency: a preliminary study in healthy adults. Somatosens Mot Res. 2014 Dec;31(4):221-226.
  3. Koyama S, Tanabe S, Warashina H, Kaneko T, Sakurai H, Kanada Y, Nagata J, Kanno T. NMES with rTMS for moderate to severe dysfunction after stroke. NeuroRehabilitation. 2014 Sep;35(3):363-368.
  4. Sakurai H, Kanada Y, Sugiura Y, Motoya I, Wada Y, Yamada M, Tomita M, Tanabe S, Teranishi T, Tsujimura T. OSCE-based Clinical Skill Education for Physical and Occupational Therapists. J Phys Ther Sci. 2014 Sep;26(9):1387-1397.
  5. Kanada Y, Sakurai H, Sugiura Y. Effects of Intervention with To-balance Exercise on the Elderly Requiring Assistance and Lower Levels of Care. J Phys Ther Sci. 2014 Aug;26(8):1177-1183.
  6. Sakurai H, Kanada Y, Sugiura Y, Motoya I, Wada Y, Yamada M, Tomita M, Tanabe S, Teranishi T, Tsujimura T. Reliability of the OSCE for Physical and Occupational Therapists. J Phys Ther Sci. 2014 Aug;26(8):1147-1152.

学会発表

  1. Ohtsuka K, Saitoh E, Mukaino M, Matsuda F, Pongpipatpaiboon K, Yamada J, Tanigawa H, Kagaya H, Teranishi T, Kanada Y. Effect of ankle foot orthosis on hemiplegic gait: a gait analysis using the Lissajous overview picture. 4th Asia-Oceanian Conference of Physical and Rehabilitation Medicine; 2014 Dec; Bangkok, Thailand.
  2. Ohno K, Tanabe S, Teranishi T, Hirano S, Zhou YT, Ii T, Kitaji S, Kanada Y. Feasibility study of the gait training system for severe hemiplegic patients. 2014 Summer School on Neurorehabilitation; 2014 Sep; Baiona, Spain.
  3. Suzuki M, Yamada M, Kanada Y, Sawa S, Saitoh E. Research on concurrent validity of Community Integration Questionnaire (CIQ). 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  4. Watanabe A, Kagaya H, Matsuda F, Itoh N, Saitoh E. Development of quantitative assessment in patients with ataxia in upper extremity by using 3D motion analysis. 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  5. Abe Y, Fukaya N, Sakurai H, Kanada Y.,Try Objective Structured Clinical Examination (OSCE) of into the clinical training facility. 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo; 2014 Jun; Yokohama, Japan.
  6. Suzuki M, Yamada M, Ota K, Kanada Y, Sawa S, Saitoh E. The Influence of living together with someone else on community integration questionnaire (ciq) scores in healthy Japanese. 8th World Congress NeuroRehabilitation; 2014 Apr; Istanbul, Turkey.
  7. 河合佑季, 野々山紗矢果, 都築 晃, 阿部祐子, 金田嘉清, 矢野裕章, 北村眞弓, 西山都師恵, 長谷川洋子, 小島菜保子; 急性期病院に併設された訪問リハビリテーションの現状報告. 第24回 愛知県理学療法学術大会; 2015年3月; 愛知県名古屋市.
  8. 小島菜保子, 長谷川洋子, 都築 晃, 日比野保子, 北村眞弓, 西山都師恵, 矢野裕章, 阿部祐子, 金田嘉清. 藤田保健衛生大学訪問看護ステーションの取り組みと今後の課題. 第46回 藤田学園医学会; 2014年10月; 愛知県豊明市.
  9. 都築 晃, 小島菜保子, 阿部祐子, 北村眞弓, 長谷川洋子, 矢野裕章, 西山都師恵, 日比野保子, 金田嘉清. 地域包括ケア中核センターの取り組みと今後にむけて. 第46回 藤田学園医学会; 2014年10月; 愛知県豊明市.
  10. 矢野裕章, 金田嘉清. 藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センターにおける薬剤師の役割と今後の課題. 第47回 日本薬剤師会学術大会; 2014年10月; 山形県山形市.