グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 4年間の学び  > 年次別カリキュラム  > 1年次ピックアップカリキュラム

1年次ピックアップカリキュラム

リハビリテーション医学概論

リハビリテーション医学の持つ特徴の理解に勉めることで、その一員になるべく知識、技術、態度を身につけるための基本を考えます。
また、リハビリテーションの大枠を理解し、整理して表現できるようにすると共に、専門用語を習得します。

機能解剖学演習

機能解剖学演習では、実際の骨標本を用いて詳細な観察を行うことにより、骨の形態と付随する筋肉の構造と機能を理解し、臨床を行う際の土台となる知識を身につけます。

生理学実習

生理学1・2の講義により理解した知識を利用し、生体内で起きている現象について実験を通じて体験し理解を深めます。

被験者による個人差、実験の熟練度など実際に人体で起こっている現象が教科書、講義通りにはいかないこともあること、また、それらを通じて将来臨床の現場で患者さん個々のオーダーメード治療の基礎となる生命現象を理解します。実習テーマは、将来に頻度の高い検査、評価方法の基礎となるものを中心に構成がされており、それらの生命現象を実験から体験し、その原理の習得を目指します。