グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 4年間の学び  > 年次別カリキュラム  > 2年次ピックアップカリキュラム

2年次ピックアップカリキュラム

日常生活活動学実習

障がい者の日常生活活動(ADL)や生活関連動作、生活の質(QOL)について概念を理解したうえで、ADLの評価方法などを学びます。車椅子や杖などの福祉用具の種類や使用方法を理解し、基本的な介助方法も習得します。

検査・測定論実習1

検査・測定論実習1では、理学療法評価に必要な手技を習得します。実技を中心に展開し、具体的には、医療面接、形態計測、関節可動域測定(ROM-T)、徒手筋力テスト(MMT)をOSCEに準じておこないます。
ADLを評価する機能的自立度評価表(FIM)に関しては、実際の動作場面を通して採点をつけることができるように実習をおこないます。

理学療法治療学3-中枢3

中枢神経障害の理学療法について学習し、理解することがねらいです。まず中枢神経障害の障がい像を把握。その後、脳血管障害や頭部外傷におけるリハビリテーションや理学療法について学びます。