グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 4年間の学び  > 年次別カリキュラム  > 4年次ピックアップカリキュラム

4年次ピックアップカリキュラム

応用臨地実習

理学療法士・作業療法士における1年目の業務全般について習得することが目的です。患者さんの検査測定や評価を通じて問題点を明らかにし、目標設定や評価結果のまとめ、治療プログラムの立案・実施までをおこなう力を養います。

地域リハビリテーション学実習

身体障害者施設の見学および施設を退所した障がい者の自宅の見学を通して、地域で生活を送る障がい者の現状を知ります。また、福祉用具展示施設の見学実習を通して、各種福祉用具の用途・環境整備の提供方法を理解します。
福祉施設、老人保健施設などの介護体験実習を通して他職種の業務および介護保険について理解を深めます。
授業の最後には、実習全体を通じて、グループディスカッションをおこない、さらに理解を深めるようにします。

臨床研究

担当教員の指導下、班別の研究活動をおこないます。具体的には各学生、グループがテーマを決め、学生自ら実験の計画、データ収集、分析ならびに発表をおこない、最終的には卒業論文としてまとめます。