グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 最新情報

最新情報

11月は、愛知県内の高校から依頼の模擬講義や本学の見学にリハビリ学科教員が参加します。(2016.11.9)

11月も、リハビリテーション学科教員による愛知県内の高校内での模擬講義と、県内の高校からの大学見学が予定されています。(一部実施済み)

【模擬講義】
・11/4(金) 豊田高校 「『生きること』を考える」百田貴洋先生
・11/10(木)東海南高校 「リハビリテーションってなあに? -理学療法と作業療法の違い-」佐藤真一先生
【大学見学】
・11/10(木)栄徳高校 2年生が本学の見学にご案内:山田将之先生

高校生のみなさんが、リハビリテーションについて興味を持ったり、将来の職業を考えたりするきっかけになることを願っています。

( 写真は、昨年度の長野県立飯田高校1年生の大学見学の様子です。)

関節が動く角度の測定を体験

低周波治療器による電気治療を体験

11月14日まで推薦入試の出願受付中。
11月14日からアセンブリ入試の出願受付が始まります。(2016.11.4)

いよいよ、本学でも入試シーズンを迎えます。

まずは、推薦入試の出願が始まりました。11月1日(火)から14日(月)までです。
推薦入試には、出身高校に作成・発行していただく「調査書」と「推薦書」が必要となります。これらの書類は、発行に時間を要する可能性もありますので、出願を考えておられる方は、早めに高校に依頼してご準備をお願いします。(なお、出願者の作成する「志望理由書」も必要です。)
推薦入試は専願が条件です。合格後に一旦納入された学費は一切返還されませんので、ご注意ください。

推薦入試に引き続き、11月14日(月)~12月5日(月)まで、アセンブリ入試の出願期間です。
アセンブリ入試は、第2次試験でグループディスカッションが課されるのが最大の特長のユニークな入試ですが、他の入試とは異なる以下の特色によって受験生にメリットのある入試となっています。この機会に是非受験をご検討くださいませんか。
  1. アセンブリ入試は専願が条件ではないので、入学手続き後に辞退が可能。所定期間内に手続きをすれば、入学金を除く納付金も返還されます。年内に合格校を確保できる貴重なチャンスとなっています。
  2. 第1次試験は英語力(60分)と理科の基礎の付く科目(リハビリテーション学科は2科目60分)のみで受験できます。さらに、英語の資格・検定試験で条件を満たせば英語力の試験は免除されます(証明書等が必要)。
  3. 受験料(入学検定料)が分納方式です。出願時には第1次試験の検定料(10,000円)のみでよく、第2次試験の検定料(25,000円)は、第1次試験に合格し、第2次試験を受験される方のみ、お支払いが必要となります。
アセンブリ入試も、準備に時間を要する書類がいくつか出願時に必要です。出願者本人が作成する「志望理由書」と「アクティブレポート」(高校3年間での活動を自己アピールするもの)、高校に作成していただく「調査書」、英語の資格試験に関する証明書です。出願を考えておられる方は、お早めにご準備下さい。

推薦入試もアセンブリ入試も、出願の登録はインターネットで行います。登録後に、必要書類の提出、検定料の支払いを行って、出願が完了します。また、受験日には、「インターネット出願ガイダンス」からご自分で印刷した受験票が必要となります。「学生募集要項」に従って、出願の手続きと、受験のご準備をお進めください。

入試に関してご不明な点は、医療科学部の入試係(TEL: 0562-93-2504・9420・9080)へお問い合わせください。

10月22日(土)に個別進学相談会を開催します。(2016.9.21)

以下の予定で、学内にて個別進学相談会が開催されます。(予約不要)

日時:10月22日(土)10時~12時 (受付は11時30分までにお願い致します)
場所:生涯教育研修センター1号館 9階

医療科学部の各学科、医学部、看護専門学校が相談ブースを設けます。
リハビリテーション学科では、教員と学生がご相談に対応し、学科棟の施設見学も可能です。
ちょうど学園祭が行われており、模擬店や展示、学生のライブイベント、夕方にはMay J. のコンサート(※別途チケット必要)もお楽しみいただけます。
学園祭の見物がてら、相談会にいらっしゃいませんか?
入学試験、入学後の学業や学生生活、卒業後の進路などについて、お気軽にご相談ください。

個別相談

学科棟見学