グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 研究施設・関連施設  > 研究施設  > 藤田記念七栗研究所

藤田記念七栗研究所

歴史の重みと新たな展開

1973年に開設した生薬研究塾が改組・発展を繰り返し、2004年に現組織となり、2014年4月に移転工事を終えました。開設時からのアロエやニンニク、機能性食品、栄養の研究に加え、脳卒中等のモデル動物研究をおこなう生化学研究部門、工学や運動学の知識・技術を活かして障害評価やロボット等を扱うリハビリテーション研究部門が協力し、病院と手を携えて七栗校地を発展させています。


藤田記念七栗研究所ホームページ

藤田記念七栗研究所ホームページではより詳しい情報を公開しています。

詳しい情報を知りたい方はこちら(別ウィンドウで開きます)