連携・支援

連携・支援の特徴

アレルギー診療に関連する企業や教育施設と連携を組んで、さまざまな活動をおこなっています

アナフィラキシーに対する対処法について、よりわかりやすい実践型プログラムを開発するため、各施設と共同研でエピペンシミュレーターを開発しました。また、通常の検査では特定できないアレルゲンについてもプロテオミクスなどさまざまな手法で解析を試みます。その他に、皮膚安全性症例情報ネットとも連携しており、化粧品などによる皮膚の健康被害の情報収集活動もおこなっています。