京都科学との共同開発

アナフィラキシー時のエピネフリン注射を打つ感覚を再現するため、機器メーカーと専用モデルを開発

学校の先生方の「注射を打ったことがないので怖い」、「本当に注射を打てるか不安」といった声を解決するために、株式会社京都科学と共同で"針の出るエピネフリン注射器"と"子供の筋肉の硬さを再現した人形"を開発し、講習会で使用しています。講習を受けた先生方からは、「注射を打つのが怖くなくなった」、「実際の注射を打つ感覚が良く分かった」などの感想をいただきました。