一般社団法人SSCI-Netとの連携

SSCI-Net(皮膚安全性症例情報ネット)とは

国民の化粧品等による皮膚障害被害を早期に発見し最小化を図るとともに、日本をより安全 安心な国にすることを目的に、理事長を藤田保健衛生大学医学部の松永佳世子教授が務め総合アレルギーセンターで診療にたずさわっている皮膚科医2名が理事として関与し、関連3学会より理事を推薦いただき、また関連する産業界2団体からも理事の推薦をいただき、医療と産業界さらには関係行政が連携した国内初の産学官ネットワークです。

SSCI-Netは、厚生労働科学研究費補助金事業(2015年度は日本医療研究開発機構(AMED)医療研究開発推進事業費補助金 )として研究を進めていた"皮膚安全性症例情報をコアとした、国内初となる産学官ネットワーク構想"の実現を目的に2016年4月に設立されました。

近年、化粧品などの日常製品が原因で、皮膚障害や想定外のアレルギーが発症し、その被害の広がりが社会問題に発展したケースが幾つかありました。こういったことを大きな問題に発展させないためには、医師が市販後の皮膚等への健康被害を早期に把握し、医療者、企業、そして行政に情報提供され、そして国民に周知し情報を共有活用する産学官の情報ネットワークが必要です。そのために、皮膚科医・賛助会員企業・関係省庁・皮膚科関連学会とネットワーク連携をおこなうのがSSCI-Netです。
この活動を通じ、より安全で安心できる製品が製造供給される国になることを目指します。

SSCI-Netの取り組み

  • SSCI-Netに協力している全国の臨床医による皮膚健康障害症例報告の収集と分析
  • 化粧品メーカー等との連携による障害の原因精査を目的とした臨床研究支援
  • 収集された症例、および関係する臨床研究結果の、関係省庁とメーカーへの情報フィードバック
  • 皮膚健康障害の原因候補物質に関する臨床研究支援

SSCI-Netの仕組み

SSCIネット

SSCIネット

医師の症例登録や、企業の方の賛助会員のお申込みはこちら

一般社団法人SSCI-Net事務局

〒454-0012
愛知県名古屋市中川区尾頭橋3-9-5
ネオカーサ西金山B1

TEL:
052-684-6035
FAX:
052-684-6035

事務局長 篭橋雄二
E-mail: kagohashi@sscinet.or.jp