眼科

眼科からのメッセージ

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を「五感」と呼び、動物はこれらの感覚で外の情報を感知しています。ヒトにとって情報の8割が視覚から得られていると言われており、日常生活の質の確保には健やかな視覚が欠かせません。
眼科では、視覚を担う感覚器官として大切な眼の疾患について、大学医学部の関連施設として専門性の高い診療をおこなっています。中でも力を入れているのがアレルギー医療。アレルギー性結膜炎や春季カタルといった近年増加傾向にあるアレルギー疾患について、他の診療科と連携しつつ、質の高い医療サービスの提供に努めています。

特色

眼科としては珍しく、アレルギー疾患に対する治療をおこなうのが、特色のひとつ。特に春季カタルやアトピー性角結膜症など難治性のアレルギー性結膜疾患の診療では、総合アレルギーセンターの一翼を担う形で診療に当たっています。
白内障や緑内障といった一般の眼科疾患はもちろん、角膜疾患など前眼部疾患や高血圧や糖尿病をはじめとする全身疾患の眼底病変で受診される方が多いのも特色。角膜疾患に関しては、ドライアイの診療と合わせて、東海地区の前眼部疾患診療のセンターとして評価を得て、全国から患者さんの紹介をいただいています。
手術治療については、白内障や緑内障のほか、網膜剥離や増殖型糖尿病網膜症などの硝子体手術に取り組んでいます。中でも、角膜移植手術は全国でもトップレベルの実績を誇っています。

スタッフ紹介

教授

平野耕治
<専攻・専門分野>
角結膜疾患・アレルギー疾患
<学会>
日本眼科学会(眼科専門医・指導医)

准教授

島田佳明
<専攻・専門分野>
網膜硝子体疾患・神経眼科疾患
<学会>
日本眼科学会(眼科専門医・指導医)