総合アレルギー科

総合アレルギー科からのメッセージ

国民の2~3人に1人が何等かのアレルギー疾患に罹患している時代であり、今後もアレルギーの患者さんは増える方向とされています。また、成人、小児共に、皮膚、呼吸器、眼、鼻など体の複数の部位に多彩なアレルギー症状が誘発されている患者さんは少なくありません。そこで、総合アレルギー科では、総合アレルギーセンター各科と連携し、原因が確定できず治療に苦慮されている患者さんに対し、大学病院として、より専門的な検査や治療をおこないます。
また、皮膚アレルギーの面では、アレルギー疾患対策医療学講座の松永佳世子教授(本学前皮膚科学教授)の協力を得て、接触皮膚炎や金属アレルギー、食物アレルギーにおいて、他の施設では実現できない専門性の高い診療をおこないます。ぜひご来院ください。

皮膚疾患に限らず、アレルギーによる症状を有する患者さんに対し、専門性の高い検査をおこなっています。特に皮膚アレルギーにおいては、アトピー性皮膚炎(スキンケア指導含む)、じん麻疹、接触皮膚炎、金属アレルギー、職業性皮膚疾患、手湿疹、食物アレルギー、口腔アレルギー症候群、花粉・食物アレルギー症候群、ラテックスアレルギー、薬疹(即時型、遅延型)などに対し、パッチテストやプリックテスト、血液を使用した特異 IgE 抗体測定をおこないます。さらには研究施設と連携し抗原解析をおこなうことも可能です。また、重症のアトピー性皮膚炎の患者さんにはスキンケア指導やセルフケア教育入院(準備中)を、金属アレルギーの患者さんに対しては歯科の先生方と連携した診療をおこないます。また、花粉症やダニに対する舌下免疫療法についてもご相談ください。
総合アレルギーセンター各科の先生方と連携し治療して参りますので、「これまで受診すべき病院が見つからなかった...」というような、複数の症状にお困りの患者さんにも、ぜひ受診していただければと思います。

スタッフ紹介

教授

矢上晶子
<専攻・専門分野>
皮膚科一般、皮膚アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ラテックスアレルギー、接触皮膚炎)、免疫学
<資格>
皮膚科専門医(日本皮膚科学会)、アレルギー専門医・指導医(日本アレルギー学会)
<学会>
日本アレルギー学会代議員、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会評議員、日本ラテックスアレルギー研究会理事

准教授

鈴木加余子
<専攻・専門分野>
皮膚科一般、皮膚アレルギー疾患
<資格>
皮膚科専門医(日本皮膚科学会)、アレルギー専門医(日本アレルギー学会)
<学会>
日本アレルギー学会代議員、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会評議員

講師

横井彩
<専攻・専門分野>
皮膚科一般、皮膚アレルギー疾患、美容皮膚科学
<資格>
皮膚科専門医(日本皮膚科学会)
<学会>
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、日本アレルギー学会、美容皮膚科学会