小児科

小児科からのメッセージ

地域に根差した小児科総合診療所という機能に加え、大学病院として高度かつ最先端の医療を提供いたします。特に、当科専門分野であるアレルギーに関しては、一般の病院ではおこなっていない特殊な検査や治療を実施。患者さんとその家族からじっくり話を聞き、何が原因かを探り、正しい診断のもと、正しい治療をおこなっていきます。

特色

長引く咳の病原体検索としてウィルスの迅速診断、ぜん息の重症度評価として、気道過敏性試験、呼気NO測定、気道抵抗試験、食物アレルギーの診断として経口負荷試験(成人も対象)など、専門的な検査をおこなっています。
また、患者さんに対する、指導教育も充実。アレルギーに関する高度な専門知識を持ったアレルギーエデュケーターによるぜん息患者さんへの吸入指導、アトピー性皮膚炎のスキンケア指導、栄養士による食物アレルギーの食事指導などを実施しています。
治療では、花粉症やアレルギー性鼻炎、結膜炎、ぜん息の根本的治療として期待できる皮下および舌下免疫療法に加え、特殊治療として食物アレルギーの経口免疫療法も臨床研究として実施しています。
さらに、名古屋市主催の「ぜん息キャンプの支援活動」、「エピペンの実践講習」や食物アレルギー誤食対策に役立つ「食物アレルギーひやりはっと事例集」の作成など、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

食物アレルギーひやりはっと事例集

園・学校、託児所、児童相談所、キャンプ、レストラン・ホテル、航空機、病院など食事を提供する施 設・場面から報告された食物アレルギー関連のインシデント・アクシデントを集めた事例集です。
最も食物アレルギー事故が起きているのは家庭です。食物アレル ギーの子どもさんをお持ちの家庭は、事例集から正しい対処法を知り、実践することは必須です。

スタッフ紹介

教授

近藤康人
<専門分野(疾患)>
小児科全般、アレルギー
<学会・資格専門医>
日本小児科学会(専門医・指導医、中部地区代議員)、日本アレルギー学会(専門医・指導医、代議員、食物アレルギー委員)、日本小児アレルギー学会(評議員)、American Academy of Allergy Asthma & Immunology(Member)、ラテックスアレルギー研究会(理事)、食物アレルギー研究会(世話人)、日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会(会員)、東海小児アレルギー談話会(幹事)、小児科学会東海地方会(幹事)、愛知県小児科医会(顧問)、東名古屋小児科医会(顧問)

その他

日本小児アレルギー学会食物アレルギーガイドライン作成委員
ラテックスアレルギー研究会安全対策ガイドライン作成委員
愛知教育大学教育学部 講師(任期:H28年7月~H29年 3月、H29年6月~H30年3月)

受賞歴

2006~2017年 Best Doctors in Japan
2006年 Leading Health Professionals of the World 2006 in Allergology International Biographical Centre (IBC), Cambridge, England
2006年 2000 Outstanding Intellectuals of the 21st Century International Biographical Centre (IBC), Cambridge, England
2011年 Asian Society for Pediatric Research -JSPACI Award (Denver)

講師

菅田健
<専門分野(疾患)>
小児科全般、感染症
<学会・資格>
小児科専門医

助教

山脇一夫
<専門分野(疾患)>
小児科全般、アレルギー
<学会・資格専門医>
小児科専門指導医、アレルギー専門医

助教

森雄司
<専門分野(疾患)>
小児科全般、アレルギー
<学会・資格専門医>
小児科専門医

助教

大高早希
<専門分野(疾患)>
小児科全般
<学会・資格専門医>
小児科専門医

助教

岡本薫
<専門分野(疾患)>
小児科全般