医療関係者の方へ

アレルギー疾患に向き合うことで、より良い社会を

人口の3~2人に1人が何らかのアレルギー疾患に苦しむ時代。拡大し続けるアレルギー疾患は、今後の社会課題となると考えられます。重症患者はもちろん、アレルギーマーチ患者や、アレルギーをきっかけに複数の病気を併発する患者など、さまざまな角度からのアプローチが可能な医療チームが求められています。