センター長挨拶

アレルギー疾患に苦しまない社会の実現をめざして

日本では、約2人に1人は何らかのアレルギーに罹患していると言われ、気管支ぜん息・アトピー性皮膚炎・花粉症・食物アレルギーなど全て増加傾向にあり、社会問題となっています。

アレルギー疾患は全身疾患のため複数の臓器にまたがるため、当センターでは、アレルギー学の高度な専門知識、技術、経験を持った総合アレルギー科、呼吸器内科、小児科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、消化器内科の医師が各科の垣根を超えた連携をとり、従来の縦割り診療ではなしえなかった、包括的なアレルギー医療をおこなっています。

生物学的製剤/抗体製剤が必要な気管支ぜん息・アトピー性皮膚炎・じんましんや、重度の食物アレルギー・春季カタル・好酸球性消化管疾患など、今まで治療に難渋していた症例の原因特定・治療にも精力的に取り組んでいます。

診療面に限らず、アレルギー総合専門医の教育・育成、アレルギー学の発展に資する研究や情報提供にも注力し、国際社会で活躍するアレルギーセンターとして、アレルギー疾患に苦しまない社会の実現をめざしてまいります。

藤田医科大学 総合アレルギーセンター
センター長 矢上 晶子