グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医学セミナー  > 今後のセミナーのご案内

今後のセミナーのご案内

第229回 医学セミナー(特別講演102回)

題目「 多機能性幹細胞を用いた立体的膵組織の作成 」
演者京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)
臨床応用研究部門
教授 川口 義弥 先生
日時平成29年12月12日(火) 17時30分 ~ 19時00分
場所生涯教育研修センター1号館9階901講義室
座長医学研究科 難病治療学 教授 土田 邦博

ご講演要旨

 多能性幹細胞から機能的細胞を作成する研究の王道は、“発生現象を培養皿上で再現すること”である。受精卵に始まる発生過程において、細胞は一瞬たりとも“孤立”せず、常に他細胞との接触を保ちながら個々の細胞特性を獲得してゆく。また、再生・癌においても、細胞特性の変化(脱分化・がん化)は立体構築の変化と並行して進行する。
 本講演では、他細胞からの働きかけによる非自律的制御機構を中心に、膵臓細胞の分化制御における立体構築変化の意義を考察する。

多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先 整形外科学Ⅰ 山田治基(2169)