グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > information  > 着るだけのモニタリングシステムウエアラブル生体センサhitoe® を活用した医療機関(リハビリテーション分野)で初の実証実験

着るだけのモニタリングシステムウエアラブル生体センサhitoe® を活用した医療機関(リハビリテーション分野)で初の実証実験

 学校法人藤田学園藤田保健衛生大学(以下藤田保健衛生大学)、東レ株式会社(以下東レ)、日本電信電話株式会社(以下NTT)、および株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、着用することで心拍などの生体情報(以下心拍データ)を取得できるウェア型生体センサhitoe®(ヒトエ)を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験(以下本実験)を2017年2月7日から開始いたします。

 本実験は、全国最大規模のリハビリテーション専門家集団である藤田保健衛生大学リハビリテーション部門が、日本で最多の病床数を誇る藤田保健衛生大学病院で、患者の心拍・様態情報(活動量・位置情報)を24時間モニタリングし、リハビリテーション分野での定量的診療データとしてのhitoe®の有効性と可能性を探ります。
 本実験にてhitoe®のリハビリテーション分野における有効性の確認、検証ののちに、東レ、NTT、ドコモは、リハビリテーション分野でのhitoe®を活用したサービス化をめざします。

 また、2017年6月より稼働予定である、実際の団地を舞台に介護ロボット、生活支援機器を備えた「高齢者向けスマートホーム」を開発するプロジェクト「RSH(ロボティックスマートホーム)」においても、hitoe®の活用を検証していく予定です。