グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > メディア掲載情報  > 医療科学部臨床工学科 北口暢哉教授らの研究が平成28年4月14日の日刊工業新聞で取り上げられました

医療科学部臨床工学科 北口暢哉教授らの研究が平成28年4月14日の日刊工業新聞で取り上げられました

アルツハイマー病の原因となる異常なたんぱく質「アミロイドベータ(Aβ)」が脳にたまる現象を、血液透析により改善できることを突き止めました。成果は、アルツハイマー病の専門誌ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズにも掲載されています。