グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




今後のセミナーのご案内

第6回 腫瘍学基盤先端セミナー

題目「 日本のがん患者の環境とがん対策基本法 」
演者三重大学 社会連携研究センター 社会連携特任教授
元外務副大臣 高橋 千秋 先生
日時平成29年1月25日(水)
17:30 ~ 19:00(質疑応答含む)
場所生涯教育研修センター1号館9階901講義室
座長大学院 医学研究科 外科・緩和医療学 東口 髙志

ご講演要旨

 平成18年に「がん対策基本法」が国会で成立したが、その背景には自らがん患者だということを告白して成立のために歴史に残る賛成演説を行った参議院議員がいた。その対策基本法が成立して10年が経過し、その基本法に基づき政府が策定する基本計画は5年ごとに見直されていて、今年がその見直しの時期に来ている。
 本講演では、「がん対策基本法」が当初の目的通り推移しているか、そしてがん患者を取り巻く環境はどう変化してきており、未来はどうなっているのか、基本法を策定する立場であった私からの報告と展望にしたい。

多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先 分子病理学 松浦 晃洋(2441)