藤田学園医学技術専門学院同窓会会則

藤田学園医学技術専門学院同窓会

第1条	本会は、藤田学園医学技術専門学院同窓会と称する。

第2条	本会の会員は、名古屋医学技術専門学院と藤田学園医学技術専門学院の
	卒業生をもって構成する。

第3条	本会の目的は、以下の通りとする。

	1.会員相互の親睦をはかる。
	2.臨床検査技術、学術等に関する会員資質の向上をはかる。
	3.臨床検査の発展と相互扶助の精神に基づいて会員の発展に寄与する。
	4.藤田学園同窓会の正規の一員として、その任務を果たすと共に、
	 母校である学校法人藤田学園の発展に寄与する。

第4条	本会の事務局(本部)は、藤田学園同窓会事務局内に置く。

第5条	本会の役員とその任務は、以下の通りとする。

	1.会長   1名   会務を統括し、本会を代表すると共に、
				藤田学園同窓会副会長の任にあたる。
	2.副会長  4名   会長を補佐し、会長不在の時は職務を代行する。
	3.事務局長 1名   本会事務局の窓口を担当し、
				会務全般を記録し、保管すると共に会議に報告する。
				理事の中より補佐1名を指名する。
	4.会計   2名   会計業務をすべて行う。
				監査を受け、会議に報告すると共に記録を保管する。
	5.理事   7名   会務全般を行うと共に、5名の理事は事務局業務を補佐する。
				内訳:2名は評議員会委員長と副委員長
				   1名は事務局長補佐
				   残る4名は事務局委員を兼ねる。
	6.監査   2名   本会の会務を監査し、会議に報告する。
	7.顧問   若干名  理事会を指導する(同窓会功労者より選任)。
	8.名誉会長      会長を補佐する(会長経験者より選任)。

第6条	役員の選出は、会員の中より理事会が選出し、
	主要役員に変更ある場合は、総会又は評議員会の承認を得ることとする。
	役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
	藤田学園同窓会役員選出も同様とする。

第7条	評議員の選出と任務は、以下の通りとする。

	1.評議員の選出は、各卒業回生別に 1〜3名を選出する。
	2.評議員の任務は、同級生の住所把握と同級生への情報伝達、
	 及び評議員会において重要議案の審議をする。
	3.評議員会委員長と副委員長は、
	 評議員会を代表して、理事会の理事として参画する。

第8条	本会の会議は、総会、理事会、評議員会
	及び特に必要な場合に設置する特別事業委員会とする。

	1.総会は、必要に応じて、会長が招集する。
	 但し、通常議案の場合は、評議員会の承認をもって代行することができる。
	2.理事会は、本会の最高決議執行機関であり、毎年1回以上、会長が招集する。
	 理事会の構成は、
	 会長、副会長、事務局長、会計、理事、監査、顧問、名誉会長とする。
	3.評議員会は、会長の要請又は委員長が必要と認めた場合に、委員長が招集する。
	4.特別事業委員会は、設置された場合に、必要に応じて開催する。

第9条	会議の議決は、出席者数の2分の1以上の賛同を必要とする。
	 但し、規約の改正については、
	 理事会定員数の3分の2以上の賛同と総会の承認が必要である。

第10条	本会の運営費は、繰越金、寄付金、その他の収入による。

第11条	本会の会計年度は、毎年10月1日より、翌年9月30日とする。

【附則】

1.この規約は、1970年(昭45年)4月1日より施行する。
2.1976年(昭51年)10月2日開催の第2回総会において
 付則第1項の一部を追加、変更した。本規約は1976年10月3日より施行する。
3.この会則は、2001年(平13年)3月24日開催の35周年記念総会において
 付則第2項の名称、会員資格、同窓会本部、役員数、任期、総会規定の変更
 及び会費納入の条文を削除して大幅に変更した。
 本会則は2001年4月1日より施行する。


Last update: 4/6/2000