グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床工学科  > 川井 薫

川井 薫

職名学科長、教授
学位医学博士
専攻・専門分野  公衆衛生学、生化学
主な担当科目公衆衛生学、環境衛生学、関係法規
研究テーマ高速液体クロマトグラフィーを用いた生体成分の迅速測定法の開発
オリゴ糖を用いた機能性食品の開発 
テクノストレスにおける生化学的マーカーとしてのトリプトファン関連代謝物質測定の有用性
腎不全における分子バイオマーカーの開発


メッセージ

臨床工学技士を目指す受験生へ!
~志と夢を高く強く持て~


臨床工学技士になるためには、医学と工学の両方を学ばなければなりません。しかし本学科では、それらの学問や専門技術だけを教えるのではなく、将来、尊い人命に直接かかわる重要な仕事につくことから、患者様中心の、人に優しい“良き医療人としての倫理観も備え持つ人格形成”の育成に心掛けています。
4年間で何を学び、何を身につけるかは皆さんの努力次第です。充実した学生生活を過ごせるよう、常に目標となる『志と夢』を高く強く持って、日々、在学中から勉学に励み、知識と技術を身に付け、スキルアップできるようサポートします。

略歴

島根県安来市 出身