グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床工学科  > 中井 滋

中井 滋

職名教授
学位医学博士
専攻・専門分野透析医学
主な担当科目臨床医学総論Ⅲ、臨床医学総論Ⅴ、臨床医学総論Ⅵ
研究テーマ透析患者の予後決定因子に関する疫学的研究


メッセージ

医学、工学、そして医療

臨床工学は医学と工学の接点です。そして医療です。医療とは "人と人との支え合い" です。やりがいがあります。 "人" と "機械"、 この両方に興味のある人を求めます。
というところで自己紹介を…
自分は腎臓内科医師です。主に透析医療に携わってきました。在宅医療(訪問診療)にも携わりました。患者さんがご自宅で血液透析をおこなう在宅血液透析にも係わっています。日本透析医学会が行っている日本全国の透析患者を対象とする疫学調査に1992年より携わっており、透析医療に関する臨床疫学的研究が主な研究分野です。
趣味は歌を歌うことです。歌は心を癒してくれます。そしてアニメ。 "ガンダム" や "エヴァンゲリオン" などのアニメには、機械工学的sense of wonderと 人間ドラマが共存しています。SFアニメ好きのあなた! 来たれ、臨床工学科へ!!

略歴

神奈川県出身
1989年名古屋大学医学部卒業
1998年名古屋大学医博第1205号取得
2002年名古屋大学医学部附属病院在宅管理医療部 助手
2003年名古屋大学医学部附属病院在宅管理医療部 講師
2006年藤田保健衛生大学医学部腎内科 講師
2007年藤田保健衛生大学短期大学専攻科 准教授
2010年現職

専門医

  • 日本透析医学会指導医
  • 日本在宅医療学会認定専門医