グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床工学科  > 大橋 篤

大橋 篤

職名准教授
学位医学博士
主な担当科目代謝機能代行技術学、代謝機能代行技術学実習
研究テーマ血液浄化療法における生体適合性に関する研究
血液成分に対する合成高分子材料の影響


メッセージ

臨床工学技士は、医療職としてはまだ歴史の浅い職種です。高度に発達した医療機器によって治療が行われる今日、臨床工学技士は、時代が要求した職種ともいえるでしょう。治療において呼吸、循環、代謝という生命維持に直接関係する機器を取り扱う臨床工学技士には責任が伴います。しかし、それは充実した「やりがい」のある仕事であるということです。
現在の医療は、日々進歩しており、新しい治療機器や技術が生まれています。本学に入学しようと考えている高校生諸君が実際に業務につくころには現在では思いもつかなかった治療法が発見され、新しい医療機器によって多くの患者が救われているかもしれません。臨床工学技士はまさに「いのち」のギリギリの現場で働く職種です。患者の笑顔に会うことも自分の無力に悩む日もあるでしょう。そんな仕事は大変なのでなく「弱き人々への無限の同情心もて片時も自己に奢ることなく医をおこなわん」(藤田保健衛生大学病院理念より)とする本大学が理想とする医療人であり本科の目指す臨床工学技士像でもあります。医療に興味をもつ多くの高校生諸君が本科の門をたたかんとすることを願っています。

略歴

愛知県 出身