グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床工学科  > 山﨑 将生

山﨑 将生

職名教授
学位医学博士
専攻・専門分野  循環生理学、宇宙医学生理学
主な担当科目生理学、臨床生理学
研究テーマ循環調節(自律神経調節)とその発達・老化:特に圧受容器反射
血圧はどのようにして一定レベルの値に調節されるのか?構造と機能の両面から研究している


メッセージ

諸君! 医療人として貢献しよう

どのような道を歩もうか? 極めたい学問や取得したい資格、自分に見合った大学は?検討しているうちに迷うのが自然です。仮に、医療人になりたいと志す諸君であれば医療系総合大学である本学を調べ知るほどに「自分を磨くには最適な人的、物的環境が揃っている」と気付き魅了されるのではないでしょうか。
さて、本学臨床工学科も2013年春には2回生を社会に送り出し、6回生を迎えて新たな学科・学問の歴史を着実に刻んでおります。これ迄の学生諸君が築いてきたカラーは、私たちの学科を志す諸君にとっては大きな助けになるでしょう。これからも臨床工学技士を育てる全国屈指の大学として着実に発展するには、志高く、夢や信念をきっちりと持った「学問」に励む新たな学生諸君が集うことが不可欠です。成熟期にある学科を、私たちと皆さんで築いてみませんか。日本そして世界に目を向けて臨床工学技士の学問領域を広め、そのリーダーとなりましょう!

私の生理学

生理学は’ひと’を個として理解し、その特徴を探る学問のひとつ:医療福祉系教育場面で求められる「’ひと’の全人的理解」に必要な方法を身につける。授業と日常接点:資格に必要な基礎知識の習得だけでなく、卒後を重視して医療現場と臨床工学関連研究との最前線で応用力のある臨工技士として活躍できる生理学を伝える。

略歴

  • 福岡県博多区 出身
  • 板付小学校
  • 西南学院中高学校
  • 藤田保健衛生大学
  • 福島県立医科大学
  • NASA   etc

研究・業績

研究業績