グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床検査学科  > 毛利 彰宏

毛利 彰宏

職名准教授
専攻・専門分野薬理学、生理学
主な担当科目薬理学、生理学
所属学会日本薬理学会、日本神経精神薬理学会、日本神経科学会、日本薬学会、日本アルコール・アディクション医学会


メッセージ

病気の本質を見抜く臨床検査技師・診断薬・治療薬を開発する研究者をめざしましょう。

略歴

2001年3月岐阜市立岐阜薬科大学薬学部製造薬学科卒業
2003年3月岐阜市立岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
2007年3月名古屋大学大学院医学系研究科博士課程 学位取得
2007年4月名城大学薬学部 研究員
2007年5月名城大学薬学部フロンティア研究事業 博士研究員
2007年10月厚生労働科学研究推進事業 リサーチレジデント
2010年5月名古屋大学大学院医学系研究科 特任助教
2012年4月名城大学薬学部病態解析学I 助教
2016年4月藤田保健衛生大学医療科学部 講師
2017年4月藤田保健衛生大学医療科学部 准教授

研究・業績

受賞歴

  • 第29回日本生物学的精神医学会・第37回日本神経精神薬理学会合同学会 優秀演題賞

  • 2010年度米国薬物依存問題学会(CPDD)年会 参加奨励賞

  • 第2回アジア神経精神薬理学会 若手奨励賞

  • 第32回内藤コンファレンス優秀発表賞

  • 愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第8回「わかしゃち奨励賞」最優秀賞



特許

  • 発明の名称:うつ病決定方法及び血中ユビキチン化セロトニントランスポーター分析キット.登録者:鍋島俊隆,毛利彰宏.出願人:学校法人名城大学.公告番号:WO2013012038 A1(アメリカ US20140134634).出願番号:PCT/JP2012/068348.(公開日:2013年1月24日 出願日:2012年7月19日 優先日:2011年7月21日)

  • 発明の名称:うつ病マーカー,アッセイ方法,うつ病決定方法,うつ病薬のスクリーニング方法及びキット.登録者:鍋島俊隆,毛利彰宏,野田幸裕.出願人:学校法人名城大学.公告番号:WO2014112571 A1(アメリカ US20150355204).出願番号:PCT/JP2014/050746.(公開日:2014年7月24日 出願日:2014年1月17日 優先日:2013年1月17日)

研究テーマ

精神神経疾患に対する病態・病因の解明、それらに基づく診断薬・治療薬の開発

論文


  1. Mouri A, Ikeda M, Koseki T, Iwata N, Nabeshima T. The ubiquitination of serotonin transporter in lymphoblasts derived from fluvoxamine-resistant depression patients. Neurosci Lett. 2016 Mar 23;617:22-6.

  2. Mouri A, Hoshino Y, Narusawa S, Ikegami K, Mizoguchi H, Murata Y, Yoshimura T, Nabeshima T. Thyrotoropin receptor knockout changes monoaminergic neuronal system and produces methylphenidate-sensitive emotional and cognitive dysfunction. Psychoneuroendocrinology. 2014 Oct;48:147-61.

  3. Mouri A, Noda Y, Watanabe K, Nabeshima T. The roles of MAGE-D1 in the neuronal functions and pathology of the central nervous system. Rev Neurosci. 2013;24(1):61-70.

  4. Mouri A, Nagai T, Ibi D, Yamada K. Animal models of schizophrenia for molecular and pharmacological intervention and potential candidate molecules. Neurobiol Dis. 2013 May;53:61-74.

  5. Mouri A, Sasaki A, Watanabe K, Sogawa C, Kitayama S, Mamiya T, Miyamoto Y, Yamada K, Noda Y, Nabeshima T. MAGE-D1 regulates expression of depression-like behavior through serotonin transporter ubiquitylation. J Neurosci. 2012 Mar 28;32(13):4562-80.

  6. Mouri A, Koseki T, Narusawa S, Niwa M, Mamiya T, Kano S, Sawa A, Nabeshima T. Mouse strain differences in phencyclidine-induced behavioural changes. Int J Neuropsychopharmacol. 2012 Jul;15(6):767-79.

  7. Mouri A, Noda Y, Shimizu S, Tsujimoto Y, Nabeshima T. The role of cyclophilin D in learning and memory. Hippocampus. 2010 Feb;20(2):293-304.

  8. Mouri A, Noda Y, Enomoto T, Nabeshima T. Phencyclidine animal models of schizophrenia: approaches from abnormality of glutamatergic neurotransmission and neurodevelopment. Neurochem Int. 2007 Jul-Sep;51(2-4):173-84.

  9. Mouri A, Noda Y, Noda A, Nakamura T, Tokura T, Yura Y, Nitta A, Furukawa H, Nabeshima T. Involvement of a dysfunctional dopamine-D1/N-methyl-d-aspartate-NR1 and Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II pathway in the impairment of latent learning in a model of schizophrenia induced by phencyclidine. Mol Pharmacol. 2007 Jun;71(6):1598-609.

  10. Mouri A, Noda Y, Hara H, Mizoguchi H, Tabira T, Nabeshima T. Oral vaccination with a viral vector containing Abeta cDNA attenuates age-related Abeta accumulation and memory deficits without causing inflammation in a mouse Alzheimer model. FASEB J. 2007 Jul;21(9):2135-48.

  11. Mouri A, Nomoto H, Furukawa S. Processing of nerve growth factor: the role of basic amino acid clusters in the pro-region. Biochem Biophys Res Commun. 2007 Feb 23;353(4):1056-62.

  12. Mouri A, Zou LB, Iwata N, Saido TC, Wang D, Wang MW, Noda Y, Nabeshima T. Inhibition of neprilysin by thiorphan (i.c.v.) causes an accumulation of amyloid beta and impairment of learning and memory. Behav Brain Res. 2006 Mar 15;168(1):83-91.

著書


  • Akihiro Mouri, Hirotake Hida, Yukihiro Noda:Chapter 58 Involvement of Glutamate Transporters in Neuropathology of Phencyclidine Abuse. Neuropathology of Drug Addictions and Substance Misuse Volume 2 (Editor : V Preedy) 625-635 Elsevier 2016

  • 毛利彰宏:第5章中枢神経系の疾患の薬、病態、治療 I中枢神経系の構造と機能.II全身麻酔薬、中枢興奮薬の薬理および臨床適応.疾患薬理学 (成田 年,野田幸裕ら 編),137-151,ネオメディカル 2016

  • 毛利彰宏,野田幸裕:Ⅲ章 疾患と薬物治療 75薬物依存.薬物治療学 第5版(吉尾 隆,野田幸裕ら 偏),576-582,南山堂 2016

  • 毛利彰宏,野田幸裕:10章 筋骨格および関節疾患.トワイクロス先生のがん緩和ケア処方薬:薬効・薬理と薬の使い方集(Robert Twycrossら 編集,武田文和ら 監訳),513-523,医学書院 2013

  • 毛利彰宏,石川和宏,野田幸裕:1図解 薬理作用:解熱・鎮痛・抗炎症薬.病気と薬 パーフェクトBOOK 2011(古川晶彦 編集),45-49, 南山堂 2011