グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床検査学科  > 石川 浩章

石川 浩章

職名准教授
専攻・専門分野生化学、臨床生化学
主な担当科目生化学、臨床生化学、生化学実習
臨床生化学実習
所属学会日本臨床化学会、生物試料分析化学会
日本栄養・食糧学会、日本臨床検査医学会


メッセージ

人生大きな壁にぶつかる事もあります。皆さんも大学に入学したら色々な困難な事を経験すると思います。自分はそれを乗り越える手助けができれば良いと思っています。 

略歴

1992年藤田保健衛生大学 衛生学部 臨床検査学科 卒業
1992年藤田保健衛生大学第一教育病院 臨床検査研究部
1999年藤田保健衛生大学短期大学 衛生技術科 助手
2007年藤田保健衛生大学 衛生学部 衛生技術学科 生化学 講師
2008年藤田保健衛生大学 医療科学部 講師
2011年Heinrich-Heine大学 Dusseldorf校
 Deutschen Diabetes-Zentrum 留学(1年間)
2014年藤田保健衛生大学 医療科学部 准教授

研究・業績

研究テーマ

1.高比重リポタンパク(HDL)中に存在するmicroRNA(miRNA)の臨床的意義とその機能について
2.血清中に存在するmiRNAの臨床応用への研究

著書

1.医学領域における臨床検査学入門 第3版. 藤田保健衛生大学『臨床検査学入門』編集委員会 編著. 分担執筆. KTC中央出版 2013.
2.スンクスの生物学 織田銑一、東家一雄、宮木孝昌 編 学会出版センター, 2011年

論文

  1. Study of o-tolidine-reacting protein assay using a novel o-tolidine derivative. Ishikawa H, Muramatsu C, Ohashi K, Ogitu N and Nagamura Y. : Int. J. Anal. Bio-Sci., 1(2):45-50, 2013
  2. Pyrroline-5-carboxylate synthetase in fecal is specifically increased by colorectal cancer. Hayashi T, Ishikawa H, Ohashi K, Harada N, Matsuzawa T, Nagamura Y, Int. J. Anal. Bio-Sci., 1(1):7-13, 2013
  3. Study of o-tolidine-reacting protein assay using a novel o-tolidine derivative. Ishikawa H, Ohashi K, Ogitu N and Nagamura Y. : Int. J. Anal. Bio-Sci., 1:1-6, 2013
  4. Factors Predicting Bone Mineral Density (BMD) Changes in Young Women over A One-year Study: Changes in Body Weight and Bone Metabolic Markers during the Menstrual Cycle and Their Effects on BMD. Iida T, Chikamura C, Ishikawa H, Aoi S, Ikeda H, Harada T, Katada K, Ishizaki F, Yatsuya H, Ono Y, Acta Medica Okayama., 66(4):307-315, 2012
  5. Octacosanol ameliorates hyperlipidemia and oxidative stress in KKAy mice with type 2 diabetes. Ohashi K, Ishikawa H, Ohta Y, J Anal Bio-Sci., 34(3):223-233, 2011
  6. Association of STAI and SDS Scores With 8-Hydroxydeoxyguanosine and Serotonin Levels in Young Women With Depressive Symptoms. Iida T, Chikamura C, Inoue K, Ito Y, Ishikawa H, Teradaira R,Ono Y. : The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences vol.23 No.1
  7. A novel method for measuring serum ornithine carbamoyl- transferase. Ishikawa H, Matsuzawa T, Ohashi K, Nagamura Y. : Annals of Clinical Biochemistry, .21: 283-288, 2003