グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床検査学科  > 市原 慶和

市原 慶和

職名特任教授
専攻・専門分野遺伝子検査学、臨床遺伝学、免疫遺伝学、分子生物学
主な担当科目遺伝子検査学、遺伝子検査学実習
臨床遺伝学、アセンブリ医療ボランティア班
所属学会日本生化学会、日本分子生物学会、日本臨床検査医学会
日本家族性腫瘍学会、日本遺伝カウンセリング学会
日本臨床検査学教育学会


メッセージ

教育目標は、臨床検査技師として、大学の教員や研究者として、あるいは医療系企業のリーダーとして、社会で活躍できる実力と情熱を身につけた「次世代の臨床検査学をリードする人材」の育成を目指します。座右の銘は「一期一会」で、一人一人の学生さん、患者さんやそのご家族に親身になって接します。趣味は登山、ウオーキング、自転車小旅行、自然観察、写真、映画鑑賞などいろいろです。

略歴

1977年3月静岡大学理学部生物学科 卒業
1979年3月静岡大学大学院理学研究科 修了
1979年4月〜1983年9月京都大学霊長類研究所生化学部門 研修員
1983年3月東京大学博士号学位取得(理学)
1983年10月〜1985年3月東京大学理学部生物化学科 研究生
公益財団法人がん研究会がん研究所生化学部 研究生
1985年4月藤田保健衛生大学総合医科学研究所免疫学部門 助手
1987年1月藤田保健衛生大学総合医科学研究所免疫学部門 講師
1999年4月藤田保健衛生大学衛生学部衛生技術学科 教授
2008年4月〜現在藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査学科 教授(学部学科名変更)

研究・業績

研究テーマ

  1. 新しい遺伝子検査法の開発
  2. 遺伝病の原因遺伝子の解析
  3. 血液凝固と血栓症の分子生物学的研究
  4. 自己抗体が原因となる不育症の研究
  5. 胎盤形成と着床の分子生物学的研究
  6. 二本鎖DNA切断修復の分子生物学的研究
  7. タンパク質の細胞内局在化機構に関する研究
  8. 次世代シークエンサーを用いた疾患関連遺伝子の網羅的解析
  9. 微生物・医動物の分子生物学的研究

著書

  1. メディカルサイエンス遺伝子検査学、有波忠雄ら編集、近代出版、2012年2月10日出版
  2. ビジュアル臨床血液形態学(改訂第3版)平野正美監修、南江堂、2012年1月1日出版
  3. シリーズ分子生物学10巻「免疫系、認識、分化、増殖」、本庶佑・渡辺武編集、丸善株式会社、1989年7月31日出版
  4. Annual Review 免疫 1987、菊池浩吉・矢田純一・奥村康編集、中外医学社、1987年1月30日出版
  5. Muscular Dystrophy: Biomedical Aspects, Ebashi,S. & Ozawa,E eds., Japan Sci. Soc. Press Tokyo/Springer-Verlag, Berlin, 1985年4月15日出版

代表的な論文

  1. Okamoto, Masataka; Katsuda, Itsuro; Ohshika, Yasuna; Maruyama, Fumio; Ezaki, Kohji; Emi, Nobuhiko; Ichihara, Yoshikazu. Factor VII deficiency: a double heterozygote of an Arg402Stop with a deletion of the C-terminal 5 amino acids and a Thr359Met. Eur.J.Haematol., 82(5), 405-407, 2009
  2. Katsuda, Itsuro; Maruyama, Fumio; Ezaki, Kohji; Sawamura, Toru; Ichihara, Yoshikazu. A new type of plasma prekallikrein deficiency associated with homozygosity for Gly104Arg and Asn 124Ser in apple domain 2 of the heavy-chain region. Eur.J.Haematol., 79(1), 59-68, 2007.
  3. Ichihara, Yoshikazu and Kurosawa, Yoshikazu. Construction of new T vectors for direct cloning of PCR products. Gene, 130: 153-154,1993.
  4. Ichihara, Yoshikazu; Hirai, Momoki; Kurosawa, Yoshikazu. Sequence and chromosome assignment to 11p13-p12 of human RAG genes. Immunology Letters, 33: 277-284, 1992.
  5. Ichihara, Yoshikazu; Hayashida, Hidenori; Miyazawa, Sanzo; Kurosawa, Yoshikazu. Only DFL16, DSP2, and DQ52 gene families exist in mouse immunoglobulin heavy chain diversity gene loci, of which DFL16 and DSP2 originate from the same primordial DH gene. Eur.J.Immunol., 19: 1849-1854, 1989.
  6. Ichihara, Yoshikazu; Matsuoka, Hiroshi; Kurosawa, Yoshikazu. Organization of human immunoglobulin heavy chain diversity gene loci. EMBO J., 7: 4141-4150, 1988.
  7. Ichihara, Yoshikazu; Abe, Masumi; Yasui, Hisashi; Matsuoka, Hiroshi; Kurosawa, Yoshikazu. At least five DH genes of human immunoglobulin heavy chains are encoded in 9- kilobase DNA fragments. Eur.J.Immunol., 18: 649-652, 1988.
  8. Ichihara, Yoshikazu; Matsuoka, Hiroshi; Tsuge, Ikuya; Okada, Jun-ichi; Torii, Shinpei; Yasui, Hisashi; Kurosawa, Yoshikazu. Abnormalities in DNA rearrangements of immunoglobulin gene loci in precursor B cells derived from an X-linked agammaglobulinemia patient and a severe combined immunodeficiency patient. Immunogenetics, 27: 330-337, 1988.
  9. Ichihara, Yoshikazu; Sogawa, Kazuhiro; Morohashi, Ken-ichirou; Fujii-Kuriyama, Yoshiaki; Takahashi, Kenji. Nucleotide sequence of a nearly full-length cDNA coding for pepsinogen of rat gastric mucosa. Eur.J.Biochem., 161: 7-12, 1986.
  10. Ichihara, Yoshikazu; Sogawa, Kazuhiro; Takahashi, Kenji. Isolation of Human, Swine, and Rat Prepepsinogen and Calf Preprochymosin, and Determination of the Primary Structures of Their NH2-Terminal Signal Sequences. J.Biochem., 98: 483-492, 1985.

その他

科学、特集:遺伝子診断と倫理、市原慶和ら、岩波書店、74(5)、2004.
日本遺伝相談連絡協議会会員として、コメディカルを対象とした遺伝子検査に関する啓発活動を行っています。