グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 臨床検査学科  > 大江 瑞恵

大江 瑞恵

職名准教授
専攻・専門分野病因・病態検査学、臨床血液学
主な担当科目臨床血液学、臨床血液学実習、臨床応用細胞学、基礎科学実験(生物)、
遺伝カウンセリング演習(大学院保健学研究科)、臨床遺伝学演習(大学院保健学研究科)、遺伝カウンセリング実習(大学院保健学研究科)
所属学会日本臨床衛生検査技師会、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本小児遺伝学会


メッセージ

常に探究心を持って検査を行うとともに患者さんの気持ちに寄り添うことができる検査技師を目指してください。

研究・業績

著書


  1. 11/22混合トリソミー(Emanuel症候群).大江瑞恵、倉橋浩樹.日本臨床 別冊 神経症候群IV(第2版)—その他の神経疾患を含めてp370-372 2014.

  2. Cat eye 症候群.大江瑞恵、倉橋浩樹.日本臨床 別冊 神経症候群IV(第2版)—その他の神経疾患を含めてp400-403 2014.

  3. 家族性腫瘍における遺伝子診断の問題点.大江瑞恵、倉橋浩樹.日本外科学会雑誌 115(1):p34-38 2014.

  4. 小児科診療における臨床遺伝医療と遺伝カウンセリング II 小児科診療における遺伝カウンセリングの重要(基本)概念 親が染色体構造異常保因者の可能性があるとき 倉橋浩樹、大江瑞恵.小児科診療 76(7) p1075-1081 2013.

  5. 遺伝カウンセリングに必要な臨床遺伝学の基礎.生殖細胞系列の細胞分裂 体細胞分裂と減数分裂の違い.大江瑞恵, 倉橋浩樹.遺伝子医学MOOK(1349-2527)別冊遺伝カウンセリングハンドブック p120-121 2011.

論文


  1. Ohye, T., Inagaki, H., Ozaki, M., Ikeda, T.Kurahashi, H. Signature of backward replication slippage at the copy number variation junction. J Hum Genet 59(5), 247-250, 2014.

  2. Ohye, T., Inagaki, H., Ihira, M., Higashimoto, Y., Kato, K., Oikawa, J., Yagasaki, H., Niizuma, T., Takahashi, Y., Kojima, S., Yoshikawa, T.Kurahashi, H. Dual roles for the telomeric repeats in chromosomally integrated human herpesvirus-6. Sci Rep 44559, 2014.

  3. Inagaki, H., Ohye, T., Kogo, H., Tsutsumi, M., Kato, T., Tong, M., Emanuel, B. S.Kurahashi, H. Two sequential cleavage reactions on cruciform DNA structures cause palindrome-mediated chromosomal translocations. Nat Commun 41592, 2013.

  4. Ohye T, Inagaki H, Kogo H, Tsutsumi M, Kato T, Tong M, Macville MVE, Medne L, Zackai EH, Emanuel BS, KurahashiK.Paternal origin of the de novo constitutional t(11;22)(q23;q11). Eur J Hum Genet 18(7), 783-787, 2010.

  5. Ichinose H, Ohye T, Takahashi E, Seki N, Hori T, Segawa M, Nomura Y, Endo K, Tanaka H, Tsuji S, Fujita K, Nagatsu T. Hereditary progressive dystonia with marked diurnal fluctuation caused by mutations in the GTP cyclohydrolase I gene. Nature Genet 8(3), 236-242, 1994.