グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 看護学科  > 高味 良行

高味 良行

職名教授

専攻・専門分野

総合生命科学
主な担当科目 看護のための病態学 外科・心臓血管外科
所属学会
日本外科学会・日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会
アジア心臓血管外科学会・日本環器学会・日本救急医学会
日本循環器学会・日本冠疾患学会(評議員)
・日本人工臓器学会(評議員)


メッセージ

本学は、多職種間で仕事の相互乗り入れを行って安心・安全な患者中心の医療をおこなう「チーム医療」の教育・研究に重点を置いてきました。私がこれまで研鑽してきた心臓血管外科診療における「チーム医療の経験」を踏まえ、本学の教育・研究に寄与したいと考えています。

略歴

1989年 金沢大学医学部 卒業
1989年 名古屋掖済会病院 研修医 
1991年 名古屋掖済会病院心臓血管外科 医員
1994年 名古屋大学医学部附属病院胸部外科 医員
1995年 Baylor College of Medicine留学
1997月 名古屋大学医学部附属病院胸部外科 医員
1999年 春日井市民病院心臓血管外科 医長
2006年 名古屋第二赤十字病院心臓血管外科 副部長
2013年 関西医科大学 胸部心臓血管外科学講座 准教授
         附属滝井病院心臓血管外科 病院教授

主要論文

1. Takami Y, Tajima K. Mitral annular calcification in patients undergoing aortic valve replacement for aortic valve stenosis. Heart Vessels 2016; 31(2): 183-188.
2. Takami Y, Tajima K. Impact of secondary hyperparathyroidism on ventricular mass regression after aortic valve replacement for aortic stenosis in hemodialysis-dependent patients. Heart Vessels2015; 30(4): 510-5.
3. 高味良行「血液透析依存慢性腎臓病患者に対する冠動脈バイパス術」日本冠疾患学会雑誌(冠疾患誌)J Jpn Coron Assoc 2014; 20(2): 159-163.
4. 高味良行「非血液透析依存慢性腎臓病患者に対する冠動脈バイパス術」日本冠疾患学会雑誌(冠疾患誌)J Jpn Coron Assoc 2014; 20(2): 153-158.
5. Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y. Effects of the side of arteriovenous fistula on outcomes after coronary artery bypass surgery in hemodialysis-dependent patients. J Thorac Cardiovasc Surg2014; 147(2): 619-24.
6. Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y. Clinical validation of coronary artery flow through an intracoronary shunt during off-pump coronary artery bypass grafting.J Thorac Cardiovasc Surg. 2014;147(1):259-63.
7. Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y. Predictors for early and late outcomes after coronary artery bypass grafting in hemodialysis patients.Ann Thorac Surg 2012; 94: 1940-6.
8. Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Uchida K, Sakai Y. Can we predict the site of entry tear by computed tomography in patients with acute type A aortic dissection? Clin Cardiol. 2012; 35(8), 500–504.
9. Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Uchida K, Sakai Y. Long-term size follow-up of knitted Dacron grafts (GelsealTM) used in the ascending aorta. Interact CardioVasc Thorac Surg 2012; 14(5): 529-31.
10. 高味良行・田嶋一喜. 「トランジットタイム血流計による冠動脈バイパスグラフトの血流分析」 日本冠疾患学会雑誌 2011; 17 (3): 196-203.