グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 看護学科  > レー グェン キム ガン

レー グェン キム ガン

職名講師
専攻・専門分野基礎・統合看護学
主な担当科目基礎看護技術学実習I・II、卒業論文、基礎ゼミ―
所属学会日本老年社会科学会、日本看護科学学会、ベトナム公衆衛生学会


メッセージ

好きな言葉は「一期一会」です。茶の湯と同じように、看護師が仕事の上で相手をされるのは「人」である。人との出会いも出来事も、ひとつひとつ大事にして、常に今を意識して頑張るという気持ちで、看護学を学んでいきましょう。サポートしていきたいと思います。

略歴

ベトナム出身。
2000年看護師資格取得。
2000年〜 千葉県内病院 看護師
2005年〜 ベトナム・ハノイ市内病院 看護師
2012年〜 ベトナム タンロン大学健康科学学部看護学科 教員
2017年〜 藤田保健衛生大学 基礎・統合看護学 講師


研究・業績

・Le Nguyen Kim Ngan, 佐藤宏子、金美辰(2011)「近代過程にあるベトナムの在宅療養生活の実態と課題」『日本老年社会科学会第53回大会』『老年社会科学』Vol.33, No2, 218.
・Le Nguyen Kim Ngan (2011)「ハノイ市郊外における高齢者の在宅療養生活の実態と今後の課題」『第19回日本介護福祉学会』, 発表報告集, 109.
・Le Nguyen Kim Ngan, 佐藤宏子(2012)“Home convalescence among the elderly in several remote areas around Ha Noi” 『The 8th ANNUAL NATIONAL SCIENTIFIC CONFERENCE OF VIETNAM PUBLIC HEALTH ASSOCIATION』
・岡田彩子、谷田恵子、Le Nguyen Kim Ngan、駒形朋子(2015)「ベトナム大学および短期大学における看護教育・教員の現状と課題」(第一報)『第35回日本看護科学学会学術集会』、694.