グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 看護学科  > 近藤 千春

近藤 千春

職名准教授
専攻・専門分野精神・公衆衛生看護学
主な担当科目精神保健看護論
所属学会精神保健看護学会、日本アディクション看護学会
日本集団精神療法学会、日本アルコール・薬物医学会
日本アルコール関連問題学会、日本病院地域精神医学会
ヘルスカウンセリング学会、日本医学教育学会


メッセージ

薬物依存症の回復支援に取り組んでいます。薬物・アルコール等の依存症者への支援に取り組める看護者の養成を目指しています。動物が好きでスポーツとしても、3年前から念願の乗馬に取り組んでいます。趣味はアコード・チターの演奏です。

略歴

  • 愛知大学法経学部法学科卒、日本バプテスト看護専門学校卒、筑波大学大学院
    修士課程修了(体育研究科 健康教育学専攻)
  • 2000年 飯田女子短期大学 助手(精神看護学)
  • 2002年 大分医科大学看護学科(大分大学医学部看護学科)講師(精神看護学)
  • 2005年 藤田保健衛生大学 衛生学部看護学科(医療科学部看護学科)准教授
  • 2002年~2007年国立精神・神経センター 精神保健研究所 研究員

研究・業績

著書

  • ダルク利用者の予後に関する研究 単著 2007.11 "日本嗜癖行動学会誌 『アディクションと家族』第24巻3号" 230頁~242頁
  • 民間治療施設における予後調査(1)―ダルク利用者の予後調査― 単著 2007.3 平成18年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)薬物乱用・依存等の実態把握と乱用・依存者に対する対応策に関する研究 研究報告書 2007. 185頁~197頁.
  • 民間治療施設における予後調査(1)―民間治療施設「DARC」利用者の予後調査― 単著 2006.3平成17年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)薬物乱用・依存等の実態把握と乱用・依存者に対する対応策に関する研究 研究報告書 2006. 135頁~144頁