グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 看護学科  > 北村 眞弓

北村 眞弓

職名准教授
専攻・専門分野在宅看護学
主な担当科目在宅看護学概論、在宅看護学方法論
在宅看護学演習、在宅看護学実習、生活環境方法論
所属学会日本在宅看護学会、日本看護研究学会、日本地域看護学会
日本看護学教育学会、日本看護医療学会
日本看護科学会など


メッセージ

大学は、何をする所? 学問を学ぶ所です。本看護学科は看護学を学ぶ所です。
人を相手に、看護として何をおこなうかを考える時、それはその人をどういう方法から視る(把握する・分析する)かを意味します。看護を提供する場は、病院の中だけではありません。超高齢の地域社会において、訪問看護・地域看護は、必要不可欠な存在です。在宅看護の実習では、様々な療養者宅におじゃまさせていただきます。看護のパイオニアであるナイチンゲールは、「病院の内科的外科的治療が必要な時期が過ぎたら、患者は1日たりとも長く病院にとどまるべきではない」として、在宅看護の重要性を説いています。時には、ナイチンゲールの原点に立ち帰ってグループディスカッションをしませんか。自ら学ぶ学生を歓迎します。

略歴

資格

  • 看護師
  • 保健師
  • 介護支援専門員