グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 看護学科  > 久納 智子

久納 智子

職名教授
専攻・専門分野母性・小児看護学
主な担当科目母性看護学概論
所属学会愛知県母性衛生学会、日本母性衛生学会、日本家族看護学会
日本看護医療学会、日本看護科学学会、日本母性看護学会
日本助産学会、日本心身健康科学会、日本看護研究学会


メッセージ

 母性看護学は主に女性を対象に学習することになるが、妊娠・出産・育児という点からみると男性も重要な存在である。少子高齢化が進むことで日本の社会は急速に様変わりしていくが、子供が生まれることそのものは決して変わるものでもなく、消失してしまうことでもない。人間社会を存続させていくためには、子孫を残していくことが重要である。生物学的に出産をとらえるだけでなく、人間社会の中で出産を大きくとらえ、母となる基本である女性の健康をそれぞれが考え、自己管理していける知識と技術を身に付けられることを期待したい。
 多くの発見は学ぶことの楽しさにつながっていく。楽しく学ぶことは必ず多くのことの吸収に繋がる。そして疑問にも繋がっていく。一番身近な自分自身を知ることから、そんな学びに発展させていきましょう。

略歴

1979年名古屋保健衛生大学衛生学部衛生看護学科卒業
1980年都立公衆衛生看護専門学校助産師科卒業
1980年国立浜松医科大学附属病院(助産師)
1984年名古屋保健衛生大学衛生学部衛生看護学科 助手
(現藤田保健衛生大学医療科学部看護学科)
 
現在に至る

研究・業績

研究テーマ

  1. 母乳成分と食品摂取との関係
  2. 周産期における保健指導の根拠性について

著書

  1. 渡邊トシ子 編:ヘンダーソン・ゴードンの考えに基づく 実践 看護アセスメント 同一事例による比較 改訂第3版、ヌーベルヒロカワ、2011.
  2. 後藤節子、久納智子、他 編:新版 テキスト母性看護学Ⅱ、名古屋大学出版会、2009.
  3. 後藤節子、久納智子、他 編:新版 テキスト母性看護学Ⅰ、名古屋大学出版会、2008.
  4. 渡邊トシ子 編:改訂 PO的思考による看護過程の展開、中央法規出版、1994.