グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 看護学科  > 清水 三紀子

清水 三紀子

職名助教
専攻・専門分野母性・小児看護学
主な担当科目母性セルフケア看護Ⅰ
所属学会日本母性衛生学会、日本母性看護学会、日本助産師学会
愛知県母性衛生学会、日本看護研究学会、日本看護医療学会
コ・メディカル形態機能学会


メッセージ

趣味はソフトボールです。地元のママさんチームに所属して県大会を目指しています。
主に妊娠・出産・育児期にあるお母さん、お子さんとそのご家族の看護について、一緒に学んでいけたら嬉しいです。

略歴

2000年3月愛知県立看護大学看護学部看護学科 卒業
2001年3月名古屋大学医療技術短期大学部専攻科助産学特別専攻 卒業
2006年3月名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻博士課程(前期課程)修了(看護学)
2001年4月社会医療法人宏潤会大同病院産婦人科 小児科病棟 助産師
2005年4月名古屋大学医学部保健学科看護学専攻発達看護学講座母性看護学 助産学 助手
2006年4月名古屋大学医学部保健学科看護学専攻発達看護学講座母性看護学 助産学 助教
2010年4月藤田保健衛生大学医療科学部看護学科 助教

研究・業績

論文

  • 看護学生の沐浴による身体的負担の客観的・主観的評価、愛知県母性衛生学会誌、p.66-71、2013.
  • Effective water height of foot-bath based on physiological and psychological evaluations (Vol.2)-Physiological changes in the different water height of foot-bath for women-、3nd Japan China Korea Nursing Conference、Soul、Korea、2011.
  • 妊産婦のエンパワーメントを刺激する出産準備教育の検討[第2報]、第47回日本母性衛生学会講演抄録集、p.255、2006.