グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 放射線学科  > 齋藤 邦明

齋藤 邦明

職名教授 学長補佐/研究担当 放射線学科長
専攻・専門分野病態生化学
主な担当科目生化学、臨床生化学、病態生化学
所属学会日本臨床化学会、日本臨床検査医学会、日本アミノ酸学会
日本生化学会、日本免疫学会、日本健康科学会


メッセージ

オンリーワンを目指し、探究心を大切にしてグローバルに活躍できるよう頑張ろう!

略歴

1989年 4月藤田保健衛生大学総合医科学研究所研究員(分子遺伝学)
1989年11月米国国立衛生研究所(米国NIH)研究員 (Laboratory of Clinical Science)
1994年 4月岐阜大学医学部助手(臨床検査医学)
1997年10月岐阜大学医学部附属病院講師 医学部附属病院中央検査部副部長併任
2002年 8月米国国立衛生研究所招聘客員研究員(Visiting Scientist)
2004年 6月岐阜大学大学院医学系研究科准教授「病態情報解析医学」
2007年 5月京都大学大学院医学研究科人間健康科学教授
2015年 4月京都大学名誉教授
2015年 4月藤田保健衛生大学 大学院保健学研究科教授 副研究科長 医療科学部兼担
一般社団法人健康科学リソースセンター副理事長、日本健康科学会理事、日本食品安全協会理事
特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構理事、一般社団法人奥伊勢バイオサイエンスセンター理事

研究・業績

最近の主な業績を掲載しますので、興味のある方は教室のホームページ:http://www.saito-lab-kyotouniv.com
を参照ください。研究室は2016年3月に京都大学から本学キャンパス生涯教育研修センター(建築中)に移転予定です。

研究テーマ

  1. アミノ酸代謝と免疫に関する研究
  2. 先制医療の実現を目指したバイオマーカー検索
  3. 薬効・副作用予測を可能とする診断技術の開発

論文


  1. Yamamoto R, Yamamoto Y, Imai S, Fukutomi R, Ozawa Y, Abe M, Matuo Y, Saito K. Effects of various phytochemicals on indoleamine 2,3-dioxygenase 1 activity: galanal is a novel, competitive inhibitor of the enzyme. PLoS One. 2014 Feb 12;9(2):e88789. (査読有)

  2. Yamamoto Y, Takemura M, Serrero G, Hayashi J, Yue B, Tsuboi A, Kubo H, Mitsuhashi T, Mannami K, Sato M, Matsunami H, Matuo Y, Saito K. Increased Serum GP88 (Progranulin) Concentrations in Rheumatoid Arthritis. Inflammation. 2014 May 7. (査読有)

  3. Blockade of Indoleamine 2,3-dioxygenase reduces mortality from peritonitis and sepsis in mice by regulating functions of CD11b+ peritoneal cells.Hoshi M, Osawa Y, Ito H, Ohtaki H, Ando T, Takamatsu M, Hara A, Saito K, Seishima M.Infect Immun. 2014 Aug 11. pii: IAI.02113-14. (査読有)

  4. Effects of upregulated indoleamine 2, 3-dioxygenase 1 by interferon γ gene transfer on interferon γ-mediated antitumor activity. Watcharanurak K, Zang L, Nishikawa M, Yoshinaga K, Yamamoto Y, Takahashi Y, Ando M, Saito K, Watanabe Y, Takakura Y. Gene Ther. 2014 Sep;21(9):794-801. doi: 10.1038/gt.2014.54. (査読有)

  5. Blockade of Indoleamine 2,3-dioxygenase reduces mortality from peritonitis and sepsis in mice by regulating functions of CD11b+ peritoneal cells.Hoshi M, Osawa Y, Ito H, Ohtaki H, Ando T, Takamatsu M, Hara A, Saito K, Seishima M.Infect Immun. 2014 Aug 11. pii: IAI.02113-14. (査読有)

  6. Kynurenine production mediated by indoleamine 2,3-dioxygenase aggravates liver injury in HBV-specific CTL-induced fulminant hepatitis.Ohtaki H, Ito H, Ando K, Ishikawa T, Hoshi M, Ando T, Takamatsu M, Hara A, Moriwaki H, Saito K, Seishima M.Biochim Biophys Acta. 2014 Sep;1842(9):1464-71. doi: 10.1016/j.bbadis.2014.04.015. (査読有)

  7. Induction of hepatitis B virus surface antigen-specific cytotoxic T lymphocytes can be up-regulated by the inhibition of indoleamine 2, 3-dioxygenase activity.Ito H, Ando T, Ando K, Ishikawa T, Saito K, Moriwaki H, Seishima M.Immunology. 2014 Aug;142(4):614-23. doi: 10.1111/imm.12274. (査読有)

  8. 松尾雄志, 桜井雅史, , 齋藤邦明. 先制医療への挑戦 —バイオマーカー開発に求められる方向性—:先制医療に必要なバイオリソース/データバンク 臨床化学43(4) 302-312. 2014. (総説)

  9. Remarkable role of indoleamine 2,3-dioxygenase and tryptophan metabolites in infectious diseases: potential role in macrophage-mediated inflammatory diseases.(総説) Mediators Inflamm.  Murakami Y, Hoshi M, Imamura Y, Arioka Y, Yamamoto Y, Saito K. オンラインジャーナル391984 (2013)

  10. 免疫調節因子Indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO)1:創薬のターゲット分子として(総説) 山本康子, 村上由希, 星雅人, 齋藤邦明 日本薬理学雑誌  142巻 85~88 (2013)