グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 放射線学科  > 小林 正尚

小林 正尚

職名講師
専攻・専門分野画像診断機器工学Ⅰ
主な担当科目放射線計測学実験、診療画像技術学実習
所属学会日本放射線技術学会(会員)
日本医学物理学会(会員)
日本放射線技師会(会員)
日本放射線技術学会中部支部放射線防護研究会(役員;2015-)


メッセージ

私は,10年以上前に大学の教員になりたいと夢を抱き,平成27年度にようやく目標を達成することができました.しかし,これは運が良かっただけではなく,臨床業務の傍ら諸先生方のご指導のもと地道に努力を重ね,実績を積んできた結果であると考えています.目標を達成するためには努力が必要です!!今後は私が,目標を持って努力する皆さんに微力ながら協力できたらと考えています.
性格:従順(勤務中) / 自由人(勤務外)
趣味:カイトウィング

略歴

2002年藤田保健衛生大学 衛生学部 診療放射線技術学科 卒業 
2004年藤田保健衛生大学大学院 保健学研究科 修了 修士(保健学)
藤田保健衛生大学病院 放射線部 診療放射線技師
藤田保健衛生大学医学系研究科 放射線医学教室 特別研究員
2012年金沢大学大学院 医学系研究科 修了 博士(保健学)
2013年金沢大学 医薬保健研究科域 保健学系 研究協力員
2014年藤田保健衛生大学病院 放射線部 副主任
2015年藤田保健衛生大学 医療科学部 放射線学科 講師
藤田保健衛生大学医学系研究科 論文博士 博士(医学)

研究・業績

研究テーマ

放射線防護学,計測学,管理学に関連する内容で,臨床現場に有益な情報を還元できる研究をポリシーとしています.現在は,実測を主に臓器レベルの被ばく線量評価を研究材料としていますが,今後はEGS5を利用したシミュレーションや,二本鎖切断のような細胞レベルの放射線影響も研究材料にしていきたいと考え,準備を進めています.

論文

  1. 浅田恭生,鈴木昇一,藤井茂久,小林正尚,古賀佑彦.診断X線領域における被曝線量解析2001年調査結果.臨床放射線, 47号11巻,1589‐1592,(2002).
  2. 都築雄士,亀島英典,小林正尚,鈴木昇一.加速器のモニタ線量計QAソフトウェアの開発と評価.日本放射線技術学会雑誌,58号10巻,1402‐1410,(2002).
  3. 小林正尚,浅田恭生,鈴木昇一,古賀佑彦.X線診断における患者被ばく線量算出プログラムの構築.日本放射線安全管理学会, 2号2巻,51-57,(2003).
  4. 小林正尚,浅田恭生,鈴木昇一,古賀佑彦.放射性医薬品漏れによる皮膚吸収線量評価.日本放射線安全管理学会, 2号2巻,82-86,(2003).
  5. 浅田恭生,鈴木昇一,藤井茂久,小林正尚,堀田勝平,古賀佑彦.2001年調査におけるマンモグラフィの平均乳腺線量の推定.乳癌と臨床, 18号2巻,127‐132,(2003).
  6. 小林正尚,鈴木雄大,南考佳,早川まゆみ,浅田恭生,鈴木昇一,古賀佑彦.PMMAファントムを用いたX線CT装置の半価層推定法の検討.映像情報メディカル, 36号3巻,330-335,(2004).
  7. 小林正尚,片岡由美,井田義宏,浅田恭生,鈴木昇一,片田和廣.X線CT装置におけるCTDI100,airを用いた線量推定法の検討.日本放射線技術学会雑誌, 22号11巻,1526-1532,(2004).
  8. 鈴木昇一,浅田恭生,小林正尚,古賀佑彦.2003年全国調査によるX線診断時の患者被ばく線量.医科器機学, 75号2巻,55-62,(2005).
  9. 小林正尚,片岡由美,井田義宏,浅田恭生,鈴木昇一,越田吉郎.X線CT検査の低減目標値の追加提案.日本放射線技師会雑誌, 52号638巻 2361-2366,(2005).
  10. 鈴木昇一,毛受美菜,中澤勝人,松本良太,浅田恭生,小林正尚(他4名,6番目).CT検査における生殖腺線量と防護効果.映像情報Medical, 38号11巻,1100-1106,(2006).
  11. 鈴木昇一,小林正尚.320列面検出器CTのボリュームスキャンによる頭部CT検査の線量評価.日本放射線技術学会雑誌. 65号8巻, 1127-34, (2009).
  12. Masanao Kobayashi, Kichiro Koshida, Syoichi Suzuki, Kazuhiro Katada.Evaluation of geometric efficiency and radiation exposure in z-axis for volume scan.Radiation Protection Dosimetry, Vol.143(1), 63-68, (2011).
  13. 鈴木昇一,小林正尚.放射線被ばくを考える X線CT検査における線量評価の基礎知識.Rad Fan, 9号14巻,58-61,(2011).
  14. Masanao Kobayashi, Kichiro Koshida, Syoichi Suzuki, Kazuhiro Katada.Evaluation of patient dose and operator dose in swallowing CT studies performed with a 320-detector-row multislice CT scanner.Radiological Physics and Technology, Vol.5(2), 148-55, (2012).
  15. 兼子武士,高木雅悠,加藤亮平,安野泰史,小林正尚,吉見聡,三田祥寛,片田和広.Area Detector CTにおける心電図同期再構成画像の時間分解能の新しい測定法.日本放射線技術学会雑誌, 68号3巻,209-15,(2012).
  16. 吉岡哲志,犬塚恵美子,内藤健晴,藤井直子,片田和弘,鈴木昇一,小林正尚.320列面検出器CTによる超低被曝側頭骨CT検査法の提案-Suller法に代替しうるスクリーニング検査法として-.Otology Japan, 22号5巻,803-813,(2012).
  17. 鈴木昇一,松永雄太,川口愛,小林正尚,片岡由美,白川誠士,浅田恭生.冠動脈CT検査における患者の受ける線量推移.医学と生物学, 156号12巻,841-844,(2012).
  18. 小林正尚,大塚智子,鈴木昇一.DLP-実効線量換算係数の精度評価と問題点の検討.日本放射線技術学会雑誌.Vol.68(1) 19-27 2013.
  19. 小林正尚.第17回CTサミット報告 低被ばくCTの最前線 X線CTの被ばく量=6.9mSv?.INNERVISION, 11巻,6-11,(2013).
  20. Masanao Kobayashi, Yasuki Asada, Kosuke Matsubara, Yuta Matsunaga, Ai Kawaguchi, Kazuhiro Katada, Hiroshi Toyama, Kichiro Koshida, Syouichi Suzuki.Evaluation of organ doses and effective dose according to the ICRP publication 110 reference male/female phantom and the modified ImPACT CT patient dosimetry.Vol.5(5), 246-256, (2014).
  21. Masanao Kobayashi,Yasuki Asada, Kosuke Matsubara, Yuta Matsunaga, Ai Kawaguchi, Kazuhiro Katada, Hiroshi Toyama, Kichiro Koshida, Syouichi Suzuki.Evaluation of the CT dose index for scans with an ECG using a 320-row multiple detector CT scanner.Radiation Protection Dosimetry.2014 Nov 11. pii: ncu331. [Epub ahead of print].
  22. Ai Kawaguchi,Yuta Matsunaga, Masanao Kobayashi, Shoichi Suzuki, Kosuke Matsubara, and Koichi Chida.EFFECTOF TUBE CURRENT MODULATION FOR DOSE ESTIMATION USING A SIMULATION TOOLON BODY CT EXAMINATION.Radiation Protection Dosimetry.2014 Nov 27. pii: ncu340. [Epub ahead of print].
  23. Kosuke Matsubara,Tadanori Takata, Hiroshige Mori, Masanao Kobayashi,Katsuhiro Ichikawa, Kichiro Koshida.Radiation doses, noise properties, and in-plane spatial resolutions for CT coronary angiography using different CT.International Journal of Diagnostic Imaging.Vol2(2), 1-10, (2015).
  24. Matsunaga Y, Kawaguchi A, Kobayashi K, Kinomura Y, Kobayashi M, Asada Y, Minami K, Suzuki S, Chida K. Survey of volume computed tomography.The British Journal of Radiology.2015 Jun 4:20150219. [Epub ahead of print].

受賞歴

2004年 日本放射線技術学会 学生会員最優秀発表賞 
2004年 日本放射線安全管理学会 研究奨励賞 
2007年 日本放射線技術学会 技術新人賞(計測分野) 
2010年 日本放射線技術学会中部部会 技術奨励賞(防護分野) 
2014年 日本放射線技術学会 瀬木賞(年間最優秀論文賞) 

資格免許

国家資格
  診療放射線技師免許
  X線作業主任者免許
  γ線作業主任者免許
  第1種放射線取扱主任者免許
  第2種作業環境測定士免許
  第1種作業環境測定士(放射性物質)免許
  衛生工学衛生管理者免許
学会認定資格
  医学物理士免許
  放射線管理士免許
  放射線機器管理士免許