グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 教員情報  > 医療科学部  > 放射線学科  > 横山 須美

横山 須美

職名准教授
専攻・専門分野放射線防護
主な担当科目放射線衛生学
所属学会日本保健物理学会、日本原子力学会


メッセージ

今、放射線への関心が高まっています。
自然界にもある放射線、放射性物質。
産業界(医療、工業、農業など)でも数多く使用されています。
診療放射線技師になるには、たくさんの技術について学ばなくてはなりません。
「放射線のことをよく知って、理解して、こわがりすぎない。」
放射線防護を教える教員として、このようなことも是非心にとめておいてもらいたいと思っています。

略歴

1990年東京理科大 理学部 物理学科 卒業
1992年名古屋大学大学院 工学研究科 原子力工学専攻 修了
1992年日本原子力研究所 保健物理部 入所
2008年藤田保健衛生大学 医療科学部 放射線学科 准教授

研究・業績

論文

  1. S. Yokoyama,N. Mori,M. Shimo,M. Fukushi,and S. Ohnuma,
    Measurement of radon concentration in water using the portable radon survey meter, Radiation Protection Dosimetry 146(1-3), 2011, 23-26.
  2. T. Kato, K. Aoki, S. Yokoyama, K. Ejiri, K. Minami, H. Yashima, A. Taniguchi, T. Nakamura, and H. Hirayama
    Calculation of personal dose equivalent for positron-emitting radionuclides using Monte Carlo code EGS5,
    Radiation Protection Dosimetry 146(1-3), 2011, 202-205.
  3. 横山須美,大型加速器施設における内部被ばく線量評価用パラメータの検討及び線量評価への適用,
    JAEA-Review 2008-024,2008.
  4. 横山須美,真辺健太郎,水銀中生成トリチウム及びヨウ素の気相への移行挙動に関する研究,
    JAEA-Research 2008-057,2008.
  5. 横山須美, 山崎敬三,沖雄一,長田直之,大型加速器施設で生成されるエアロゾルの粒径分布の時間変化,
    保健物理 vol. 43 No. 4,2008.
  6. Yokoyama, S., Sato, K, Manabe、K., Noguchi, H., et al.,
    Ratio of aerosol and gases of radioactive chlorine and particle size distribution of aerosol formes by high-energy proton irradiation,
    Rad. Prot. Dosi., 2007, 127 (1-4),392-397.

その他

  • 2013年4月~ 日本保健物理学会 水晶体の放射線防護に関する専門研究会 幹事
  • 2012年8月~ 日本原子力学会 「東京電力福島第一原子力発電所に関する調査委員会」 委員 
  • 2011年7月~ 日本原子力学会 編集委員
  • 2011年6月~ 関西原子力懇談会 放射線知識普及プロジェクト ワーキンググループ 委員
  • 2011年4月~ 日本原子力学会 「原子力安全」調査専門委員会 放射線影響分科会 委員